プロを目指すコスプレイヤー黒子ききが見たロシアコスプレカルチャー
「夢見るコスプレイヤー」としてコスプレを主軸とする日本ではまだまだ数少ないプロコスプレイヤーを目指す黒子きき。 その活動の幅はゲームショーやニコニコ超会議といったイベントから、ニコニコ動画やツイキャスでの配信、そして世界コスプレサミットやロシア遠征といった世界展開も見逃せない。そんな彼女の考えるコスプレカルチャーの展開、そして自身の原点に迫る第2弾――。 ー今や世界を舞台にコスプレイヤーとして活躍する黒子ききさんですが、日本と海外でコスプレカルチャーの違いなど感じますか? 黒子きき 先日ロシアのコスプレイヤーさんと交流した際に、表現方法に大きな違いを感じました。日本ではコスプレというと写真を撮影することが一般的という印象があるのですが、ロシアではコスプレパフォーマンスがもっともポピュラーな表現方法だということを聞きました。日本のように作品撮りの文化ももちろんあるのですが、カメラマンさんが日本のように多くないそうです。ロシアのコスプレイヤーさんにコミケのコスプレ広場の様子を写真で見せてみたらとても驚いていました。 ーロシア遠征という貴重なご経験があったそうですが、ロシアのコスプレイヤーパフォーマンスを現地で目の当たりにしていかがでしたか? 黒子きき 衣装や武器の完成度が高くてびっくりしました。ロシアではコスプレ用品を取り扱っているお店がなく、ほとんどを自作しているそうです。私自身、自作の経験が少ないのでかなり刺激を受けました。 ーロシアのコスプレイヤーさんとの交流などうまれましたか? 黒子きき 現地のコスプレイヤーさんや日本語学校の生徒さんとコスプレでステージパフォーマンスをしました。急遽ロシアにはいってからパフォーマンスすることが決まり、私は日本からのコスプレイヤーさんと現地の日本学校の生徒さんと一緒に「ラブライブ!」の曲に合わせてダンスをすることになりました。準備時間も短く、私自身初のダンス披露だったこともあり本番前はかなり緊張したのですが、会場の雰囲気も温かくて楽しんで踊ることができました。言葉が通じなかったけど、現地の方と一緒にパフォーマンスができてとてもいい経験ができたと思います。 ー一緒に即興パフォーマンスとは凄いご経験でしたね!刺激になる部分などありましたか? 黒子きき ロシアのコスプレイヤーさんはとにかく衣装と造形が綺麗で、刺激を受けました。コスプレパフォーマンスのために作られている衣装がほとんどで、激しい振りに耐えられる素材を使ったり、動いた時に大きく裾が広がるように、など細かい部分にこだわりがあり、取り入れてみたいなと思いました。 ー国は違えど趣味は一緒ということでロシアと日本のコスプレイヤーで価値観が全く同じだった点などありましたでしょうか? 黒子きき アニメが好き!コスプレが好き!という部分は日本もロシアも共通でした。当日は自由交流の時間を設けてもらったのですが、最初は言葉が通じないしどうしたら、、、と不安に思っていました。ですが、いざ時間になったらお互い携帯に保存してあるアニメのイラストやコスプレ写真を見せ合うことで自然と距離が縮まって交流することができました。日本でも年齢や職業、性別が違っても交流できるように、国が違ってもこうやって交流できたのでやっぱりコスプレ始めてよかったなと思いました。 ー最後になりますが、今後遠征してみたい国や挑戦したい世界展開プランなど言える範囲で是非。 黒子きき 人生一度しかないのでコスプレ文化がある国には全部行ってみたいです!でも特に中国は行ってみたいと思っています。最近、ツイッターでハイクオリティーな中国のコスプレイヤーさんの写真をよく拝見するので実際に行ってクオリティーの高さを実感してみたいです。 ――プロコスプレイヤー という表現について 私は当初、日常生活の息抜きとして、趣味でコスプレを始めました。今でも趣味としてコスプレをしているので、「プロコスプレイヤー」という表現に自分自身すごく違和感を覚えます。ですが、コスプレイヤーとしてお仕事をお受けした以上、お仕事を依頼してくださった方からしたらそれは「プロ」なのではないかと思うようになりました。表現について賛否両論あるかとは思いますが、私は、「コスプレイヤーの黒子きき」としてお仕事を引き受けたものは「プロ」の自覚を持って一つ一つ大切に取り組んで行きたいと思っています。