指原莉乃、建てるなら別荘よりも「フォーチュン御殿」
HKT48指原莉乃が、後藤輝基とMCを務めるレギュラー番組「HKT48のおでかけ!」(TBS系)。この日、以前に番組で紹介をした「TRFダンササイズ」を発売する会社から新たなダンササイズが番組に届き、実際に「ディズニーマウササイズ」を行うことに。指原も後藤も「何でも紹介するのでドシドシ送って下さい」と謎のアピール。 さすがはHKT48として、そしてAKB48の選抜として数々の楽曲を踊ってきた指原。DVDをVTRで一回見ただけでほぼ完璧に踊ってしまう。後藤は「家で練習してきたんやろ」とつい突っ込んでしまうほどのダンススキルを見せた。「ダンスは全然上手じゃないけど覚えるのは本当に早い」と話す指原、しかし「AKB48グループはみんな私ぐらい出来る」と言う。運動神経の悪い後藤は「漫才サイズないんかい」と悔しがる。 この番組では恒例となったメンバーからの素朴な疑問に答えるコーナーでは「もしも別荘を建てるとしたらどこが良いですか?」という質問に「本当に書くことないんかい」と後藤も苦笑い。指原はたまにしか行かないところに別荘はいらないと話すと、後藤から実家を豪邸にした方がいいとアドバイス。指原は「フォーチュン御殿」とポツリと呟き笑いを取る。しかし指原の両親は堅実で「親がいらないって」言われるという。 この日、ロケVTRでは新センターに抜擢された松岡はなが「モンスターのようなモンブラン」を作ったことに関して、かねてから「はなちゃん推し」の後藤が「ああいうの含めて可愛いよね」と大絶賛をした。