スパガ 浅川梨奈 「14の夜」で映画デビュー!
昨年、初のグラビア出演を期に「1000年に1度の童顔巨乳」と話題となり、現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで、青年誌のグラビア表紙を飾り活躍中のSUPER☆GiRLSの浅川梨奈(17)が、映画『14の夜』に出演することが決まった。 浅川が、映画に出演をするのは、今回が初となる。そんな浅川が初出演を果たす映画「14の夜」は、2014年12月公開の映画「百円の恋」で、第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳が、監督デビューを果たすことで、話題の作品。 そんな話題作で、映画初出演を果たす浅川は、「オファーを頂いた時は『本当に私?』と耳を疑うほど驚きました。こうして携わらせていただける事を心から嬉しく思います。選んでいただいたからには、いい意味で皆様の期待を裏切れるよう、やるからにはやり切って全力で頑張りたいと思います!私自身初めての事がたくさんですが、キャストの皆様からいろいろな事を吸収させて頂きたいと思います。今から、撮影がとっても楽しみです!」と初めて映画出演への、驚きと喜びを話した。 映画「14の夜」は、2016年12月都内某劇場ほか全国ロードショーにて公開予定。 そんな浅川梨奈は、7月20日(水)放送の日本テレビ「浜ちゃんが!」へ出演も決まっている。また浅川の所属するアイドルグループ“SUPER☆GiRLS”は、6月末に、5名の新メンバーが加入して、グループ初の14人体制へとなり8月31日には、14枚目のシングル「ラブサマ!!!」の発売が決定している。