HKT48のコンサートはなぜ評価が高いのか?
「HKT48夏のホールツアー2016~HKTがAKB48グループを離脱?国民投票コンサート~」が福岡サンパレスホールからスタートした。この夏のホールツアー初日は、チームHのキャプテンとして長らく活動をしてきた穴井千尋のラストステージ、2日目にはセンター大抜擢があるなど、何かと話題のツアーとなる。 HKT48のコンサートは他のAKB48グループのコンサートと一味違うことが多い。もちろん、劇場公演とも大きく違うのだが、一言で表すなら「とにかく楽しい」。それぞれのツアー、コンサートごとにガラリと構成を変えてくる。 これは、プロデューサー的役割の指原莉乃が、かつてアイドルファン(オタクとも言われるほどの熱狂的な)だったことも大きく関係する。 指原は、崇拝するハロー!プロジェクトなど、様々なアイドルコンサートを見て感じ、感動したことをダイレクトにHKT48のコンサートへ反映している。ファン・観客目線で構成を考えるため、わかりやすく細部までしっかりと作りこまれ、制作サイドの独りよがりにならない見ていて楽しいコンサートが多い。 また、指原のHKT48メンバーへの愛の深さも関係している。指原は、HKT48の初期メンバーではない。「劇場支配人」の肩書はあるが、何度もメディアで取り上げられたように「突然」HKT48へ移籍した。だからこそ、移籍をした瞬間から自分のキャリアをリセットし、メンバーを観察、リサーチし必死に仲間となってきた。そして、HKT48メンバーのことを大切に守ってきた。「DOCUMENTARY of HKT48」で監督を務めるなど、いまやHKT48のことを誰よりも理解しているのが指原だろう。その愛は、包み込むような優しい物ばかりではなく、時には厳しく何よりも「HKT48を大きくする」ことを一番に考え、メンバーと絶妙な距離感で接している。まさに、「プロデューサー的役割」を確実にこなしているのだ。 その指原が作り上げてきたものの集大成がコンサートやツアーとなる。そこでは、最大限にすべてのメンバーが目立てるように、そしてしっかりとパフォーマンスをして、観客が例えHKT48ファンでなくても楽しめるような作りをしている。エンタテイメント性が高く、常に時代を読んで我々を楽しませてくれるサプライズも仕掛ける。「ただのアイドルのコンサート」ではないからこそ、アイドルファンからも、メディアからも評価が非常に高い。 今回の「HKT48夏のホールツアー2016」でも、AKB48グループから離脱したほうがいいのか?という際どいテーマや、ライバルとなる欅坂46の楽曲を使用するなど攻めの姿勢を見せ続けている。 AKB48選抜総選挙ではもはや敵なしの状態となっている指原莉乃。その指原が最も力を注ぐ活動の一つとも言えるHKT48のコンサート。これからも、様々に形を変え進化していくのだろう。