指原莉乃も涙、誰からも愛されたHKT48穴井千尋ラストステージ
福岡サンパレスホールにて開催された「HKT48夏のホールツアー2016~HKTがAKB48グループを離脱?国民投票コンサート~」。 7月11日に行われたコンサートでは、チームHキャプテンとして長らく活動をしてきた穴井千尋がラストステージをファンと共に行い、穴井を中心に笑いあり、涙ありの素晴らしい空間となった。 メンバーは涙しながら一生懸命穴井のことを送り出そうとしている姿を見て、本当に穴井千尋がメンバー全員に愛されていたんだと実感をしたコンサートだった。 今回、コンサートの最後は穴井には内緒でメンバーが用意した『今 君を想う』で送り出された。指原莉乃・多田愛佳も涙を流しながら、旅立つ後輩をしっかりと見守っていた。 誰からも愛された穴井千尋。卒業をしてしまうが、最後に穴井のグラビアを多くプロデュースしているFLASHスペシャル編集長、青木氏に穴井の魅力について話を聞いた。 -青木さんと穴井さんの出会いは? 青木 一番最初はHKT48の初日の時に、立ち姿がすごく美しい子がいるな、と思って注目したんです。バレエを10年近くやっていたということで、凛としていました。その後に、チームHが出来てキャプテンになって、インタビューをお願いしたんですけどすごい真面目で素直で、チームをまとめようと真剣に悩んでいた姿が印象的でしたね。 -青木さんは、穴井さんのグラビアを多数手がけています。 青木 松岡菜摘ちゃんとのコラボ、はるっぴ(兒玉遥)とのコラボの後に、755の企画で小冊子を作らせてもらって、すごくファッションセンスがいい子なので私服のページもわざわざ福岡から私服を送ってもらって撮影したんです。可愛くて、男性がキュンとするようなコーディネートが出来るんですよ。反響もすごくて売上も良かったんです。その後も、ソロでグラビアやってもらって、最新号ではパグと一緒に撮影してすごく喜んでいましたよ! -穴井さんに最後一言お願いします。 青木 将来に向けて、やりたいことがあって卒業すると思うので…気立てが良くてすごく優しいキャプテンだったから後輩の面倒をすごく見ていたんです。最近では、ドラフト生や若手も育ってきて、安心して思い残すこと無く卒業できるんじゃないかなって思います。ぜひ、これからも夢に向かって頑張って欲しいです。 ——————– 皆に愛された穴井千尋、ぜひ自分の目標に向かって頑張って欲しい。 インタビューの続き、そして可愛すぎる写真は「FLASHスペシャル グラビアBEST2016初夏号 (FLASH増刊)」