DOG inThe PWO サンリオキャラと一夜限りのワンダーランド
1年をかけて47都道府県を回りながら、音源をリリースし、様々なイベントを行なう超特大プロジェクト”project『Love』”を発表したばかりのDOG inTheパラレルワールドオーケストラが、7月9日にサンリオピューロランドにて“わんリオピューロランド2016~解き明かせ!!わんリオ7不思議~”を開催。1年前に行われて大好評を博したサンリオとのコラボイベント第二弾で、おなじみの人気キャラクターたちと一緒に、今年も一夜限りのワンダーランドを作り上げた。 ”良いCD、良いライヴをたくさん提供する”という、バンドにとって普遍的なテーマを掲げた”project『Love』”の番外編として届けられた今回は、昨年よりもさらにパワーアップ。その内容は会場内に設けられた7つのチェックポイントを回るクイズラリーとライヴ、そしてパレードという3本立てだ。 まず、ライヴは普段ハローキティのミュージカルが上演されているメルヘンシアターで実施。彼らの持ち味の一つであるファンタジックでラヴリーな側面を強く打ち出したメニューが、お城や薔薇に彩られたステージとよく似合い、なんと第一部ではハローキティ&マイメロディ、第二部ではポムポムプリン&シナモンが舞台に。 DOGの曲に合わせて踊るのみならず、第一部ではキティが準々(G)とのギターバトルを披露してテクニカルなプレイで圧倒すると、第二部ではメイ(B)とシナモンが連れ立って客席通路を回るというスペシャルな演出で場内を湧かせた。また、春(Vo)が上空からゴンドラで登場してスタートしたパレードでは、ポムポムプリン、ハンギョドン、けろけろけろっぴ、シナモン、クロミの5キャラクターが、メルヘンなフロートに乗って歌うメンバーとペアを組み、園内中央の知恵の木を回ってファンにご挨拶。大人気のサンリオキャラとDOGメンバーが揃って間近に迫るという普段ではありえないシチュエーションに、沿道のファンからは絶え間なく悲鳴と歓声があがっていた。 さらにパレード終了後には、12月23日に舞浜アンフィシアターにてクリスマス特別公演”Tokyo Doggy’s X’mas-2016-”を開催することがスクリーン上で発表。”遊園地のように誰もが楽しめるバンド”を目指して、これまで2度にわたり舞浜アンフィシアターでワンマンライブを成功させてきたDOGだけに、クリスマスの要素が加わる今回は一段とエンタメ性の高いステージになることは間違いない。 この公演は”project『Love』”の第2シーズンとして行われるが、第1シーズンとなるライヴハウスツアー「いつだって愛に来いよ、どこだって愛に行くよ2016秋」も8月31日にスタート。これまでDOGが一度もライブをしたことのない県を全て回る全19本で、緩菜(Ds)の故郷・高知への凱旋も含まれており、メンバーの気合も十分だ。ツアー終了後の10月にはペアチケット制の東名阪クアトロツアーも決定。通常よりもおトクにDOGのライヴを体験できるこちら3公演のチケットは7月31日に発売開始されるので、ぜひこの機会にゲットしてほしい。 そして、7月13日には7周年記念のニューシングル『7th WONDER』をリリース。日本全国47都道府県全てを笑顔で繋ぐproject『Love』のテーマソングとも言えるナンバーに仕上がっており、ライヴ、ファン、バンドに対する想いが込められた歌詞にも注目してほしい。