浜崎あゆみライブにトレエン乱入!さらにGackt登場でWサプライズ
ニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』も話題の浜崎あゆみが、現在開催中のアリーナツアー東京 代々木競技場第一体育館3days公演を開催した。最終日に当たる7/10では、プライベートで親交のあるGACKT、トレンディエンジェルがサプライズゲストとして登場し、オーディエンスの大歓声を浴びた。 5/14の名古屋公演を皮切りにスタートした、ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A ~M(A)DE IN JAPAN~ は、この7/10東京公演までに、全国8ヶ所13公演を終了し、残す所は、7/16,17,18に開催される大阪城ホール公演のみ、しかもデビュー以来、浜崎やファンが「聖地」と呼び、思い入れの強い会場でのLIVEという事もあり、この日のLIVEも冒頭から大きな盛り上がりを見せた。 今回のLIVEは、ツアータイトルや、アルバムタイトルでもある「M(A)DE IN JAPAN」をテーマに、日本特有の四季折々と、7つの章と共に進んでいくストーリー展開で構成され、花神輿や獅子舞を使った和を感じさせる演出を始め、楽曲にも和楽器を用いたアレンジが採用される等新機軸と言えるLIVEとなっている。また、今回、国内大型アーティストとしては、史上初の試みとなるLIVE中の写真撮影を可能としている事によりLIVE冒頭を飾る『GREEN』、続くニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』のリード曲である『FLOWER』では、着物ドレス姿の浜崎に、オーディエンスのスマートフォンが一斉に向けられる等、今までにないLIVEの楽しみ方も浸透している。 その後も、『INSPIRE』『glitter』『Endress sorrow』『vogue』等のLIVEで久々に披露される大ヒット曲や、『M(A)DE IN JAPAN』からの新曲を織り交ぜ、季節ごとのテーマに沿った楽曲と演出でLIVEは進行していく。 アンコールでは、浜崎とダンサーによる振り付け指導から、ニューアルバム中唯一のアッパーチューン『Summer Love』、さらに定番のアンセム『Boys & Girls』ではオーディエンスとの大合唱を経て、オーディエンス1人1人に優しく語りかけるようなメッセージを歌う『TODAY』、そしてダブルアンコールの『MY ALL』を経て、全てのパフォーマンスが終了したかと思いきや、唐突に、浜崎とトレンディエンジェルが共演した番組映像が。「私のステージで歌って欲しい」と約束したシーンが流れ、GACKTの大ヒット曲『ANOTHER WORLD』のイントロが流れ始める。 ステージにはポップアップでトレンディエンジェルが登場し、『ANOTHER WORLD』を熱唱。これにはオーディエンスも大喝采を送る。さらに、曲中、いきなり楽曲が止まると、今度は何とGACKT本人がWサプライズで登場! この日の為だけに海外から帰国したというGACKTは、トレンディエンジェルの替え歌フレーズ「うどんに野沢菜」に、酷く立腹の様子で、トレンディエンジェルを問い詰める姿には、浜崎、オーディエンスともに大爆笑。しかし、再度楽曲が再開されると、今度はGACKT自ら再度『ANOTHER WORLD』を熱唱。最後はGACKT自ら、キメのフレーズを「牛丼は吉野家ー!!」と歌い上げ、楽曲を締めて見せた。いたずら好きの浜崎らしいこのサプライズに、会場は笑顔で溢れ、東京公演は無事に幕を閉じた。 また、昨年12年ぶりに開催された、LIVEハウスをメインとしたファンクラブツアーの2年連続開催が発表され、今年も浜崎はLIVEに精力的な1年となる。