北原里英はNGT48を成功へ導けるのか?
「第8回AKB48選抜総選挙」で今回、注目されていたメンバーの一人がNGT48北原里英だろう。 初期の大抜擢、大躍進から人気メンバーとして選抜にも選ばれていたが、徐々に総選挙での人気も下降気味に。最近では、根強い人気はありながらも、目立たない存在となっていた。その北原がNGT48のキャプテンとして、地元・新潟でNGT48メンバーを率いて総選挙の大舞台に挑戦をした。 発足したばかりのNGT48。メンバーのランクインは厳しいと言われる中で、唯一、選挙前からある程度の票が見えていたのが北原、そして兼任の柏木由紀だった。その中でも、キャプテンとして臨んだ北原には、NGT48を背負う覚悟があっただろう。絶対にランクインしなければいけない、プレッシャーは尋常では無いものだったと思える。 総選挙までの期間、取材を通してわかったのは本気で今回の総選挙に向い前へ進もうとしていた北原の姿だった。「新潟の女になりたい」と常々話していた北原。はじめは、このセリフに笑いが起きることもあったが、総選挙が近づくにつれ北原は本気なんだとわかる。それくらいに、北原は最後のチャンスとして新潟でNGT48を成功させることを使命として考えていたのだ。 HKT48へ移籍をして若いメンバーを引っ張り、成功へ導いた指原莉乃と何かと比較されやすい北原だが少し事情が違う。良くも悪くも「異物」としてHKT48へ「突然」放り込まれた指原。指原自身も試行錯誤する中で、上昇気流に乗るHKT48の舵を取り成功へと導いていった。 北原の場合はどうか? 彼女はNGT48への移籍を、そしてキャプテンというポジションを自ら選びNGT48メンバーとなった。しかし、本人も語るように指原のようなプロデューサー的発想をもつカリスマ性を持っているわけでもない。高橋みなみや山本彩のようにメンバーを背中で引っ張っていくようなリーダーシップもない。しかし、彼女にはAKB48で得た様々な経験そして何よりメンバーを思う優しさを誰よりも持ち合わせている。 しのぎを削る芸能界の中で相手への思いやり、優しさを持ち続けるということは練習すれば習得できるものではない。北原が生まれながらに持ち合わせ今日までしっかりと磨き上げてきた誰にも真似のできない特技だ。 国内末っ子グループとして発足し、すでに「国民的アイドルグループ」として活躍するAKB48を始め、先輩グループと比較されるNGT48。特に総選挙が新潟で開催されたことで、注目度が上がると同時に、NGT48にかかる期待も否が応にも大きくなっている現状だ。メンバーたちは不安で仕方がないだろう。 「新しく家族が出来た気分なんです。娘ができた気分でお母さんみたいな気分なんです。だからみんなを幸せにしようと決めています。私はカリスマ性もないしキャプテンらしくもないんですけど、みんなのことをたくさん愛している自信はあるのでみんなのことを絶対に幸せにしたいと思います」と総選挙のスピーチで話した北原。 いまのNGT48に必要なのは「劇薬」では無く、暖かく包み込んでくれる「愛」が必要なんだと今回の総選挙取材を通じて感じた。北原のスピーチを聞いて、NGT48メンバーは熱いものを感じただろう。そして、これからの活動に対して安心が出来たのではないだろうか? アリオラジャパンからのメジャーデビューへ向けて、これから様々な試練やチャンスがNGT48に訪れるだろう。そんな中で、北原里英という存在があるかぎり、一丸となり大躍進に向け突き進んでいけるだろう。 写真(C)AKS