家入レオ 一足早い今夏初の野外フリーライブに集結したファン大歓声
昨年大ヒットを記録した『君がくれた夏』(フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌)、最新シングル『僕たちの未来』(日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌)、『Brand New Tomorrow』(今夏公開映画「ペット」イメージソング)、『オバケのなみだ』(NHKみんなのうた2-3月)など話題の楽曲を多数収録したニューアルバム『WE』を7月6日にリリースした家入レオが、その発売を記念して、夏フェスシーズン目前、一足早い今夏初の野外ライブとなるフリーライブを7月9日(土)に神奈川県ラゾーナ川崎プラザにて開催した。 ラゾーナ川崎でのイベントは2014年11月『Silly』リリース時にその発売を記念して行ったイベント以来約1年8か月ぶり、3回目となる今回は梅雨真っ只中ということもあり、あいにくの雨模様となったが、会場には本番前からたくさんのファンが集まり、多くの人だかりができる中、13時半をまわり家入が登場すると、ロックナンバー『Hello To The World』からステージはスタート。雨の中集まった大勢のファンからは大きな歓声が沸きあがった。 「雨の中たくさんの方が集まってくれてうれしいです。本当にありがとう!すごい前から待っていてくれたとスタッフさんからも聞いてます。天候が悪いので本当に風邪ひかないように、一緒に楽しんでいけたらと思います!最後までよろしくお願いします!」、「7月6日にリリースした『WE』は東京に来てからのいろんな出来事、そして二十歳になっていろんな経験をして、より日常の自分をさらけ出した1枚になっているんじゃないかと思います。」と話すと発売になった『WE』に収録されており、今夏公開の映画「ペット」イメージソングで、そのPVがインスタグラムフォロワー数国内2位、日本を紹介する犬”として海外でも人気を博し、現在フォロワーは100カ国を超えるという“柴犬まるちゃん”とのコラボPVが話題になっている『Brand New Tomorrow』を披露。フリーイベントでは初披露となったこの曲でさらなる盛り上がりを見せた。そして「こんなに足元の悪い中集まってくれて、こうやってお会いすることができて、本当に嬉しいです!」と話し、前日のテレビ朝日系「ミュ-ジックステーション」でも披露した、フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌として大ヒットを記録した『君がくれた夏』を切なくも、しっとりと歌い上げると、雨にもかかわらずところせましと集まったファンからは拍手がわき起こり、1回目のイベントは大盛況のうちに終了した。 雨のあがった17時~の2回目のイベントではニューアルバム『WE』から『そばにいて、ラジオ』をこの日初披露すると、集まった多くのファンから歓喜の声があがった。そして2回にわたった今回のイベントの締めくくりとして『僕たちの未来』を夕景に響き渡るよう高らかに歌い上げると、会場は一体感に包まれ、無事幕を閉じた。 また、そんなミニライブ終了後にはニューアルバム『WE』購入者を対象に、各回共に特典お渡し会を実施。フリーイベントに集まった多くのファンとの交流を楽しんだ。夏フェスやイベントなどにも多数出演、9月からは現在発売中の『WE』を引っ提げて、自己最多20公演・初の全国ホールツアー“家入レオ 5th LIVE Tour ~WE|ME~”を開催、まさに今年も“駆け抜ける”家入レオからますます目が離せない。