MAN WITH A MISSION 3年ぶりの単独公演にパリっ子達が大興奮!
6月29日(水)に2015年のヨーロッパツアーの様子を収めた通算4作目となる映像作品『狼大全集IV』を発売、オリコン週間DVDランキングで見事総合1位を獲得し、前作『狼大全集Ⅲ』に続き2作連続首位を獲得したMAN WITH A MISSION。 休む暇もなく、再びヨーロッパに向かった狼達は7月7日(木)、パリの老舗ライブハウスDivan du Mondeにて単独公演を開催し大成功を収めた。 このライブはヨーロッパツアーの一環で、フィンランドの“TUSKA FESTIVAL”を皮切りに、ロンドン公演に続いて、フランスに上陸し開催されたもの。開場時間前から多くのファンが列を作り、中には2013年のパリ公演を観に来たファン達が「あの素晴らしいライブをもう一度観るのが楽しみ!」と興奮気味に語っていた。 1曲目の『database』と共に幕が開き、狼達の姿を見た瞬間会場を埋め尽くした400人のパリっ子達は大熱狂。『Raise your flag』や『Seven deadly sins』などフランスでも馴染のある楽曲が演奏されると、日本語の歌詞を丸暗記して一生懸命歌っている熱心なファンの姿が印象的だった。同時刻に、ちょうどユーロ2016のフランス対ドイツの試合が地元パリで開催されていたのを受けて、Jean-Ken Johnnyは英語によるMCで、「皆様ニトッテ、大切ナ試合ガ今行ワレテイルニモ関ワラズ、我々ノライブヲ選ンデクレテアリガトウゴザイマス。今夜ハ盛リ上ガッテ行キマショウ!!」と語り、会場を沸かせた。 7月9日(土)は2回目となる“Japan Expo Paris”に出演し、7月末にはシンガポール、香港、台湾とアジアツアーが待っている。世界に更なる狼旋風が吹き荒れる。