カンパイガールズ「最高のおもてなし」前年比2割増しに成長!
昨年、”プロ野球界初、野球場で会える売り子アイドル”としてデビューした、マリーンズ カンパイガールズ。 ペナントレースで、彼女たちのハイライトの一つである、「チケット・ビール半額デイ」が7月7日(木)に開催され、公式戦が行われた、QVCマリンフィールドを試合開始前から所狭しと歩き回って、ビールの販売数を重ねた。 昨年のビール半額デイと比べると、リーダーの今井さやかは、380杯 → 495杯、大宮愛香は、292杯 → 395杯、朝倉なおこは、254杯 → 381杯と、6人の合計杯数も、2015年1,758杯 → 2016年2120杯と、前年比約120%と、まさに成長を裏付ける大健闘の結果となった。 リーダーの今井さやかは「昨日は残念ながら、自己記録の590杯を更新する事はできませんでしたが、沢山のお客様が600杯達成するように買って下さりとても感謝しています。多くのお客様のご来場、ご声援もありマリーンズも勝利しました!7月から後半戦に入りますが、マリーンズが日本一になれるように、カンパイガールズも売り子として”最高のおもてなしと美味しいビール”でお待ちしております。是非QVCマリンフィールドへお越しください!」と充実した表情で、インタビューに答えた。 ビール販売の実力アップに伴い、球場外の活動も精力的に行っている。 今シーズンはペナントレース開幕以来、月に2回、QVCマリンフィールドの外にあるボールパークステージにて、ミニライブを開催しており、今月は、2016年7月14日(木) 『 新進気鋭アイドル祭 @TSUTAYA O-WEST ~緊急総集会Vol.2~ 』、来月は、メンバーの悲願であった、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」への出演が決まった。 今井は、「去年、デビューした時からTOKYO IDOL FESTIVALに出たいという強い想いがあったので、今回出演させて頂く事が決まり、メンバー全員とても嬉しい気持ちでいっぱいです。私達の事を初めて見る方も多いと思うので、マリーンズと私達を応援しにマリンフィールドへ来てくれる方が、1人でも増えてくれるように、全力でパフォーマンスしたいと思います。”球界初の売り子アイドル”らしい、スポーティーでパワフルなステージをお楽しみにっ!」と、喜びいっぱいに出演への抱負を語った。 マリーンズ カンパイガールズは、3月25日のホーム開幕戦以降、QVCマリンフィールドで行われる公式戦すべてで稼働する予定。