AKB48横山由依の「肩ジャケット」スタイルに小嶋陽菜がツッコミ
AKB48のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48」のシリーズ第5弾となる『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』が8日封切られた。初日を迎え、東京台場のシネマメディアージュにてメンバーが舞台挨拶に立った。 登壇したメンバーは、入山杏奈、大島涼花、岡田奈々、柏木由紀、加藤玲奈、小嶋陽菜、小嶋真子、島崎遥香、高橋朱里、谷口めぐ、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、横山由依、渡辺麻友(五十音順)、それに監督を務めた石原真氏。 映画の感想を求められた高橋は「AKB48の第一章が終わったとか、JKT48の仲川(遥香)さんが卒業したとか、いろんな48グループの終わりと、NGT48の始まりという”終わりと始まり”がぎゅっと詰まっていて印象的でした」と感想を話し、さらに「横山さんのインタビューのシーンの時、肩にジャケットを羽織ってたんですね、それは小嶋さんが前にアドバイスされたんですけど、あれからずっと横山さんジャケット羽織ってるんですよ(笑)」と指摘。小嶋は「握手会とか隣で、いつも見るんだけど、毎回肩にジャケット羽織ってて」と暴露し場内の大爆笑をさらうと、横山は「だから小嶋さんの前通る時だけ袖通してるんですよ」と反撃していた。 元々AKB48の大ファンの向井地は「観てきた先輩たちと歌って踊れるなんて夢みたいな不思議な気持ちで、いちいち衝撃を受けてて、こちら側から観るステージはこんな景色なんだとか、あ、楽屋の掃除は自分たちでするんだとか、ケータリングも食べるんだ(笑)とか感動してました」と笑顔で語り、小嶋に「研究生の頃から小嶋さんが憧れだったんですけど、その気持ちが伝わったのが今年に入ってからくらいで(笑)、ずっと一方通行だったんです」と告白。小嶋は「握手会に来てくれたことも知らなくて、AKBに憧れて、こんなかわいい子が入って来てくれるなんですごいことです。その時変な対応しなくてよかったなと思いました」と胸をなでおろしていた。 タイトル:『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』 公開:7月8日より全国ロードショー(108分) 企画:秋元康 監督:石原真 出演:AKB48 主題歌:『あの日の自分』AKB48 配給:東宝映像事業部 (C)2016「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会