AKB48、多くの若手メンバーが一斉にTwitterスタート
AKB48グループとTwitterといえば、小嶋陽菜の270万人近いフォロワー数を筆頭に、指原莉乃も120万人、山本彩も110万人と数十万人以上のフォロワーを持つメンバーが多く存在する。 他のSNSよりも、どのメンバーも活発に使用をしている印象を受ける中、まだまだアカウントを開設していないメンバーは数多くいる。アカウント開設ができる基準は諸説あり、グループによっても違うと言われる。 そんな中、2016年7月5日にAKB48所属の若手メンバーの多くがアカウントを開設する動きをみせている。すでにTwitter社より本人の証である「認証済みアカウント」を受けたメンバーは、 小嶋真子、飯野雅、川本紗矢、茂木忍、大和田南那、田北香世子、樋渡結依、西野未姫、大森美優、福岡聖菜、谷口めぐ となっている。 これらのメンバーの他にも、まだ数名がTwitter社の認証を待っているのか、準備段階にあるようだ。 今回の新潟で行われたAKB48選抜総選挙では若手メンバーの躍進が目立ち、世代交代の波が一気に押し寄せてきた印象を受けたAKB48。その渦中にいる若手メンバー達が今回のアカウント開設となったようだ。 まだつぶやきも少ないが、すでに殆どのメンバーが1万人近いフォロワーを獲得している。茂木忍は、「公式Twitter始めました、、、! 悪い意味で話題にならないよう気をつけます(°_°)」とつぶやいているが、新たな情報発信の場として、ぜひバリバリ活用をしてもらいたい。 写真(C)AKS