米「ANIME EXPO 2016」日本のアニソンで1万8000人を魅了
7月1日(金)~7月4日(月)、アメリカ・ロサンゼルスで開催された北米最大級のアニメコンベンション「ANIME EXPO 2016」(動員:26万人超)の共催イベントとして、日本が誇るアニメ・アニソン・アーティストをクローズアップする「ANISONG WORLD MATUSRI ”祭”」が開催され、18,000人の観客に日本のコンテンツパワーを魅せつけた。 7月2日(土)には、Los Angeles Convention Center内のHALL Bで、「『ラブライブ!サンシャイン!!』イベント ~Nice to Meet You, We Are Aqours!! ~」が行われ、Aqours(アクア)のメンバー6人(高海千歌役 伊波杏樹/桜内梨子役 逢田梨香子/松浦果南役 諏訪ななか/黑澤ダイヤ役 小宮有紗/国木田花丸役 高槻かなこ/黑澤ルビィ役 降幡愛)が出演、今回が初となる海外イベントもどこ吹く風の盛り上がりで、会場は熱気に包まれた。 同日、同会場内にて行われた「『ワンパンマン』イベント ~ONE PUNCH MATSURI at AX~」のステージには、アニメ監督の夏目真悟、サイタマ役の古川慎、主題歌を担当したJAM Project、さらに英語版キャストらが登壇し、アニメ「ワンパンマン」の海外での圧倒的な人気を印象付けた。 さらに7月2日(土)の夜では7,000人を動員する会場であるMicrosoft Theaterで「JAPAN SUPER LIVE」が行われ、アーティストの藍井エイル、石田燿子、JAM Project、スフィア、T.M.Revolution、D和、春奈るな、Minami(五十音順)がライブを披露。各アーティストが世界的に人気のあるアニソンやこの会場だけのスペシャルコラボレーションを披露すると、会場は大熱狂につつまれ、日本が誇るアニソンで会場が1つになった。 7月3日(日)には、The Novo by Microsoftにて「JAPAN BAND BATTLE」が開催され、ロックバンドのFLOW、OLDCODEXの対バン(共演)形式のライブを披露。日本のロックサウンドに会場が酔いしれた。 この「ANISONG WORLD MATUSRI ”祭”」は、国内エンターテインメント企業が「ANIME EXPO 2016」とタッグを組み日米の製作委員会形式によって開催が実現。北米最大級の「ANIME EXPO 2016」の場をもって、国内エンターテイメント各社が展開中の人気のアニメ・アニソンコンテンツを大々的にアピールし、日本が誇るアニメ・アニソン文化の発信を目的としたイベントだ。今回が初開催となった同イベントだが、世界各国での日本アニメ文化の浸透、アニソンイベントの実施、ボーダレスな情報交友を考えると、この旋風はまだまだ収まりそうになく、この勢いは始まりに過ぎないことが予感される。今後の更なる隆盛は必然のものとなりそうだ。