最強のアイドル渡辺美優紀、小悪魔的魅力とは
NMB48渡辺美優紀が、卒業コンサート「最後までわるきーでゴメンなさい」最終公演を神戸ワールド記念ホールで開催した。 4月13日にNMB48劇場で行われたチームBⅡ「逆上がり」公演で、NMB48からの卒業を発表。この発表を聞いてファンのみならず、メンバーも驚きを隠せない様子だった。 渡辺はデビュー当時から注目度が高く、ビジュアルの可愛さはもちろんのことステージパフォーマンスも高いメンバーで人気は抜群。そして最大の魅力は、ちょっと毒のあるトークや振舞いなど小悪魔的な存在感だろう。 かつてトップアイドルとして一世を風靡した小泉今日子や中山美穂などが、渡辺美優紀のような小悪魔タイプであり、破天荒な部分もあったが、そういった部分も含めて、ファンたちは受け止め誰もが注目するトップアイドルとして君臨していた。渡辺は、レジェンドと肩を並べられるレベルの「小悪魔タイプ」だったと言っても過言ではないだろう。 渡辺の代表曲でもある『わるきー』は、ちょっとイタズラな雰囲気を全面に出し歌い、AKB48グループの中で「小悪魔系」という地位を確立した。渡辺にとってこの曲は最高傑作であると言える。その『わるきー』は、卒業コンサート「最後までわるきーでゴメンなさい」2日目のオープニング曲となった。これまでこの曲をコンサートで歌うことは何度もあったが、1曲目で歌うのは初である。そんな象徴的な曲がオープニングを飾ったことで、会場から尋常じゃない「わるきー」コールが響き渡った。 この日の卒業コンサートでは、同期の上西恵は「顔、スタイル、パフォーマンス、どこを取っても“みるきー”こそが本物のアイドル」と絶賛するほど。山本彩は「ずっとみるきーは私の隣にいました。みるきーは可愛いし、人なつっこいし、私の持っていないものをたくさん持っていて、羨ましいと思うこともありました。比較されることも多かったし、そういう時は嫌な気持ちになったりしましたけど、その隣にいるのがみるきーだったから私は前へ進むことができました。本当に出会って良かったと思います」と語り、この偉大なアイドルをたたえた。 これまでAKB48グループでは、中心メンバーが卒業をすると「次」のメンバーが注目された。「次の渡辺美優紀は誰だ?」という声もすでにあるが、渡辺を目指すのでは無く、新たな形のNMB48を作り上げていくしかない。 渡辺はそれだけ偉大なアイドルである。卒業後はどのような進路になるのかまだわからないが、このまま引退というのは勘弁してもらいたい。渡辺美優紀という火は消してはいけない財産である。(ブレーメン大島) 写真(C)NMB48