ばってん少女隊結成1周年ライヴ 「ドラゴンボール超」ED曲初披露
ばってん少女隊が、約1年前に前身のレッスン生グループ、通称:F-girls時代に最初で最後の単独イベントを行った思い出の地で、1周年記念企画「そしてだざエフ!!〜気付いたら結成1周年過ぎちゃってました大会~」にて2ndシングル『よかよかダンス』を初パフォーマンスした。 作詞作曲にKEYTALKの小野武正氏、編曲&プロデュースは、ももいろクローバーZのプロデュース等で知られるNARASAKI氏が手がけるハードでキュートなダンスロックチューンが遂にステージにて披露された。 7月3日、「ドラゴンボール超」のエンディングテーマとしてTVにて初オンエア(1部エリア除く)された事もあり、メンバーは悟空などキャラクターの仮面を付けて登場、観客がざわめく中始まったステージは新曲『フレッ!フレッ!フレンズ』でスタート。いきなりの新曲にも関わらず、曲終わりにはメンバーの振りに合わせて皆も手を振りつつ盛り上がる、『知っとっちゃん』『ばってん少女。』とアッパーな楽曲にヘッドバンギングでの一体感となった。 「今日のセットリストはメンバー6人で相談して決めたんです!」(上田)コメントの通り、セットリストはメンバー6名が記念すべきライヴを盛り上げるために考えた事もあり、パフォーマンスもよりメンバーの想いが込められた熱いものになっていきステージは進行。そして遂にシングル『よかよかダンス』を初歌唱した。 キュートでPOPなダンスロックチューンにぴったりの振り付けは既に会場のファンと一緒に踊り、そして歌い会場は最高潮に盛り上がりを見せた。ラストはメジャーデビューシングル『おっしょい!』で観客との「おっしょい」コールの掛け合いが最高潮に達しつつライヴは終了した。特典会の後には特典会で着ていたトロピカルな衣装でステージに登場、「さよならDESTINY』と『よかよかダンス』、そして『おっしょい!』を3曲歌唱してイベントは終了した。 「ドラゴンボール超」の放送に合わせて、7月3日よりいち早く『よかよかダンス』の先行配信がスタート。いち早く楽曲をダウンロードして7月17日からスタートするリリースツアー「いつか私たちも超(スーパー)に!伸び白埋めてもよかよかツアー」に向けて聴き込んでライヴで大いに盛り上がろう。2年目に入っても伸びしろを見せ続ける、「ネクストジェネレーションアイドル」ばってん少女隊から目が離せない。