i☆Ris 新曲リリイベで4つの新発表
声優とアイドルのハイブリットユニット、i☆Risが7月3日に13枚目のシングル『Re:Call』のリリースイベントをららぽーと豊洲シーサイドデッキメインステージにて開催した。 本イベントは、i☆Risの8月3日にリリースされる13枚目のシングル『Re:Call(リコール)』の予約者を対象としたもの。イベント冒頭、新曲の新衣装で登場。i☆Risの新曲衣装としては初の『黒』を基調としたワンピースやセットアップに、所々にメンバーカラーのワンポイントも入っており、メンバーのカッコよさが全面に感じられた。 梅雨の晴れ間のこの日、冒頭に山北が「私たち黒の衣装だから、太陽の光を吸っちゃいますから!(笑)みなさんも熱中症には気を付けてくださいね~」と注意を促し、ミニライブ開始。6月にリリースされ、オリコンウィークリーチャート9位にランクインした『Ready Smile!!』からスタートし、2曲目には、衣装にあわせた“カッコいい曲”ということでライブでも人気の『ココロノヲト』を披露し、会場の温度があがった。 続いて、いよいよ新曲披露。この日、楽曲のタイトルも披露も初ということで、観客の期待も高まる中、ダンスポジションについたメンバーの中心で若井が『Re:Call』とタイトルコール、若井のソロで歌い出した。i☆Risのシングル曲としては珍しいロックな楽曲と力強い歌唱に魅了され、気付けば会場は手拍子と拳が上がっていた。 今回の楽曲はテレビアニメ「双星の陰陽師(テレビ東京系他、毎週水曜夕方6:25~放送中)」7月クールオープニング曲のタイアップとなっており、アニメの世界観とリンクした歌詞とロックなテイストが印象的。アニメ「双星の陰陽師」には、主人公の幼馴染「音海繭良(おとみまゆら)」の声優として、メンバーの芹澤優も出演中だが、なんと今回の楽曲タイトル『Re:Call』は芹澤がつけたのだそう。 芹澤は「作品内の主人公「焔魔堂ろくろ(えんまどう)」と「化野紅緒(あだしのべにお)」の2人の境遇や、今後進んでいく「呼び起こす・蘇る」というストーリーをテーマに、考えました!」とのこと。ライブの最後は、i☆Ris全員がメインキャストを演じるテレビアニメ「プリパラ」の1stシーズンOP楽曲『Make it!』を披露。カッコよさと可愛さが同居した、暑さに負けない熱いライブに、集まった小人から大人まで全員が笑顔で盛り上がったイベントとなった。 i☆Risのこの夏は、7月9日に行われる「結成4周年イベント@河口湖」でのライブを皮切りに、”東京アイドルフェスティバル”、”アニメロサマーライブ2016”の出演に加え、8月3日の13thSingle『Re:Call』のリリース、そして秋には、いよいよ日本武道館公演が控えているので要チェックだ。