指原莉乃は何がスゴイのか
史上初となるAKB48選抜総選挙の2連覇を達成。しかも、過去にない2位と圧倒的な差をつけたブッチギリでの1位、まさに、AKB48グループの中でも類を見ない人気を誇る指原。総選挙楽曲となる『LOVE TRIP』も「THE MUSIC DAY 夏のはじまり。」(日本テレビ系)にて初披露され、大きな話題とSNSを中心に集めている。 女性アイドルとして頂点を極めたと言っても過言ではない指原、何がスゴイのか? 今回の総選挙で印象的だったのが、指原の連覇がわかった瞬間のHKT48メンバーたちの喜びようだ。2位となった渡辺麻友の順位が呼ばれた時からHKT48陣営の席周辺は盛り上がり指原の名前が呼ばれた瞬間にHKT48メンバー全員が立ち上がりガッツポーズで自分のことのように祝福をした。この中には、自分の順位に納得いっていなかったメンバーも多数いただろう。というのも、指原の順位が発表された際に指原の周るにいたメンバーは、最後までランクインせずに名前を呼ばれなかったメンバーたちだ。指原の名前が呼ばれた瞬間に自分が「圏外メンバー」となったことが決定した瞬間なわけだ。それなのに、全員が指原のことを喜べる、それは指原がHKT48メンバーに尊敬され、慕われ、愛されているからだろう。 これだけ愛されるのは、ここまでHKT48の人気をあげ、しっかりとメンバーのことを考え運営へ意見をし、コンサートでもどうしたらすべてのメンバーがファンに見てもらえるか、忙しい合間を縫ってしっかりと考えている姿をメンバーは知っているからだ。リーダーシップという部分では、なかなかメディアでは見えづらい部分が多いが、高橋みなみ以上とも言われているほど。HKT48メンバーが指原莉乃へ寄せる想いは、どこのグループにもない特別なものになっている。指原の凄さは、このプロデュース能力、そしてリーダーシップにある。 また、指原の「アイドル力」の高さも見逃しがちだが非常に高い。テレビメディアなどでは度々「ブサイクキャラ」でイジられることは多いが、スタイルはAKB48グループでも一二を争う程良く、実際に美脚では指原が「AKB48グループで一番」という声も聞こえる。顔で言えば、美容整形の専門家も欠点が殆どないというほどに、ゴシップメディアや心ないファンが「ブス」と罵るようなメンバーではないと言える。 そしてAKB48加入前に黄金期のハロー!プロジェクトオタクとしても有名だった彼女は、アイドルとは何か?ということを、AKB48ではなくハロプロからしっかりと学んでいる。ファンの立場から感じていたことを、AKB48で、そしてHKT48で本格的に実践。彼女の中にはハロプロが培ってきたアイドルとしての歴史もしっかりとインプットされている。その上でAKB48の先輩から学んでいるわけで、アイドルとしての知識は桁外れに高い。総合的に考えると、指原はアイドルとしての能力がAKB48グループでも驚くほどに高い存在なのだ。 また、指原の凄さは、HKT48メンバーのプロデュースだけでなく、セルフプロデュース力も高いことだ。民放、ネットメディアにこれだけ毎日のように登場しても、未だに自分がどう映っているか?どう必要とされているかを常に微調整している。進化を止めない飽くなき勉強精神は、そこで学んだことをHKT48メンバーに反映でき、良い循環がずっと続くようになっている。 指原は何がスゴイのか? アイドルとしては異例なほど「アイドルに関する知識」を持ち、惜しげも無く後輩たちに知識を伝授できるほど懐が深い。そして、アイドルとしてダンス、歌唱をしっかりとパフォーマンスでき、なおかつバラエティなど自分の出演するメディアによって柔軟にキャラクターを変えることができる地頭の良さがある。 指原莉乃は時代と共に変化していける柔軟さを持っていることで日々進化を続けている。アイドル史の中でも特殊な存在といえる指原、これからも彼女の動きに皆が注目していくだろう。 写真(C)日本テレビ