塚本舞、青山ひかる、天木じゅんら人気グラドルがびしょ濡れに
今年最も早い夏フェスとして、7月2日、3日にわたり横浜赤レンガパークで開催された「アイドル横丁夏まつり!!~2016~」。2011年秋に開始以来、旬なアイドルが数多集まるとして「3大アイドルフェス」と呼ばれるまで成長した。 両日とも4つの野外ステージで、さまざまなアイドルがライブを開催した。その一角にグラビアアイドルが集結する「グラドル横丁」というエリアが存在、シーサイドでの水着チェキ撮影にグラドルファンが詰めかけたが、数あるコンテンツの中でもこれが本命、これこそ本質、と言われている「ワクワク♡水鉄砲大会」が大盛り上がりをみせた。 総勢28名のグラドルが集合。ウワサの水鉄砲企画2日目には、最近Hカップを超えたという”まいぷに”こと塚本舞、Iカップ猫娘青山ひかる、”天乳”でブレイク中のIカップ天木じゅんの”ぷるぷる三銃士”が登場。巨大な本格装備のウォーターガンに水を充填。ファンは小型の水鉄砲で攻撃する。中央の空気でふくらます円形プールを挟み、一触即発のただならぬ雰囲気。スタッフのカウントダウンの後、ファンが一気に攻撃開始。グラドル側は3人とはいえ、”本格ウォーターガン”で対抗するが、数に勝るファン側は、各グラドルを取り囲み水を浴びせ、一転「きゃあーー!まってまって!」と応戦一方のグラドル陣。最後には中央のプールに飛び込み、水掛け攻撃でファン軍に対抗する。数分の”合戦”は「グラドルとたのしく水遊びで盛り上がる」といった形容がぴったり。思いっきり楽しんだあとは、使用した水鉄砲にお目当てのグラドルから直筆サインをしてもらい持って帰れるという特典もある。 その後のグループには、現在「ミスFLASH 2017」の本戦を通過して注目の鈴原優美、100cmIカップの”乳神様”柳瀬早紀も参戦。ファンとグラドルならではの交流の場を大いに楽しんでした。柳瀬の組は両者とも最後は万歳をしてから、ハイタッチして健闘を讃えあうという一幕も。 この日の横浜は最高気温34℃に迫る真夏日。日差しも梅雨時期とは思えない強さで、まさにグラドルと水遊びが堪能できる「ワクワク♡水鉄砲大会」日和だった。来年はぜひ参加されては如何だろう?盛り上がること間違いなしだ。