大規模改修工事終了の横アリで角松敏生が35周年記念ライヴ
7月2日(土)大規模改修工事が終了した神奈川県横浜アリーナの記念すべき第一弾として角松敏生のデビュー35周年記念ライヴ「TOSHIKI KADOMATSU 35th Anniversary Live~逢えて良かった~」が12,000人のオーディエンスを前に開催された。 アルバム『SEA BREEZE』を含む16曲を「ACT1」、2014年に発売し話題となった『THE MOMENT』から約20分に及ぶプログレッシブ・ポップ作品「The Moment of 4.6 Billion Years」「Get Back to the Love」、デュエットコーナー等角松の多彩な楽曲を披露した「ACT2」で構成された。 冒頭のOPENINGで、陶芸家・島村真司氏と周年ライブを行うにあたり、陶芸作品を制作することを決めた経緯を紹介するVTRから始まり、バンドメンバーと共に角松が歌いはじめるかと思いきや何とダミー。PA前に組まれた中央のリフターから本人が登場『これからもずっと』で35周年ライブがスタートした。『Startin’』『Realize』などを歌唱した後「伝えたいことは沢山ありますが、時間がありませんので自分で台本を作ってきました。マラソンのランナーの様に進めていきたいと思います。」と語った。85年のシングル『初恋』を披露しACT1は終了した。 続く「ACT2」は、『RAIN MAN』『IZUMO』、そして約20分に及ぶ『The Moment of 4.6 Billion Years』では圧巻のパフォーマンス。35年の中で角松がプロデュースした作品を女性コーラストとデュエットするという“デュエット・コーナー”の後、アルバム『THE MOMENT』TOURで全国各地お世話になったChoirが総勢98名登場し『Get Back to the Love』を披露し観客を圧倒した。 アンコールでは、サマーチューンで人気の高い『浜辺の歌』『ILLUMINANT』ではキティとダニエルが応援に駆け付けダンスを披露、ライヴの大定番『Take You To The Sky High』は紙飛行機の嵐が降り止まぬ中アンコール終了。ダブルアンコールでは『Always Be With You』、そしてラスト『NO END SUMMER』では再度中央リフターに移動して最後の力を振り絞って歌い上げると観客を沸かせた。 ゲストアーティスト含め100人を超えるミュージシャンと共に演奏した約6時間に及ぶ40曲の角松敏生35周年記念ライヴ「TOSHIKI KADOMATSU 35th Anniversary Live~逢えて良かった~」は大盛況の内に幕を閉じた。 【参加メンバー】