倉持由香が合法セクハラ? グラドルたちとはしゃぎまくり
先週土曜日にシーズン前のとしまえんプールで盛大に開催された「ビジュアルクイーン撮影会2016」。梅雨時期の合間の貴重な晴れに恵まれたイベント当日は10時から撮影が始まり、のべ2000人以上のグラビアファンが詰めかけた。 出演した29名の人気グラドルたちも、イベント途中の休憩時や、終了後に撮った仲間との記念撮影を、各SNSにアップ。和気あいあいとした弾けた笑顔が揃った。3年連続出演となる倉持由香はSNSの達人だけあり、普通の記念撮影だけでなく、”おっぱいマニア”の異名を持ち、過去放送された「グラドルニコ生」でも食レポならぬ”乳レポ”というジャンルを確立。全方位から凝視し、触り、揉むという見事なレポートで、男性を奮い立たせた実力の持ち主なのだが、今回こんなに一流グラドルが一堂に会すのはそうない場面。全員の”乳”を味わったとは思うのだが、SNSには厳選版?が公開され、またまたファンの心を鷲掴みにしている。 特に”さやぼー”ことむっちりGカップの片岡沙耶のバストを後ろからむんず。歓喜の笑みだ。さらにキスしている愛らしい2ショットの”引き”で撮られたのも併載され、ガニ股で、右手では片岡のバストを揉みながらキスを迫るという、おじさんなら完全アウトな迫り方が清々しい。撮影は鈴木ふみ奈のようだ。ほかにもスレンダーグラドル鈴木咲仕込みの、さりげなくヒップにタッチする”スタイリッシュ痴漢”なる妙技も披露。鈴木ふみ奈と寺田安裕香の美尻を、腰に手を回すようなしなやかな動作で同時に触れている。 また、Iカップ同士の青山ひかると柳瀬早紀のバストを合わせさせて俯瞰で撮り、「同じIカップなのにやなぱいのボリューム感は規格外…!」と比較画像を載せたり、倉持と同じ美尻をウリにしてる安枝瞳との2ショット写真を公開、「ケツの極み乙女。」とユニット名が秀逸だったりと、倉持のタイムラインを見ているだけで幸せになってくる。 MCで奮闘したこせいそんと後輩寺田安裕香の3ショットや、事務所が違いあまり接点がないグラドルたちとも積極的に撮っていた。なかには「倉持さんと写真撮りたかった」と願いがかなわなかったグラドルもいたようだが、限られた時間でできるだけ記念に残そうと、最後には帰路につく駅のホームのベンチでも鈴木が撮った自画撮りにも応じたりと、ファンのサービスだけでなく、共演者たちにも全力で対応する倉持だった。 倉持はこの撮影会を終えた3日後にtwitterで「決して楽じゃ無いけどやりがいがあるし、夢があるからみんな頑張ってるんですよ!٩( ‘ω’ )و グラドル達がこれからも活動できるように、夢を与えられるように、皆様応援よろしくお願いします。」とメッセージを贈っている。雑誌グラビアに、イベントに、テレビに、配信にと多ジャンルで活躍し、これからもぜひグラドル界を引っ張って行ってほしい。