和楽器バンドが2016年上半期MVPに !「印象に残った曲」はAAA
avexが運営するECサイト・mu-moショップ『2016年上半期エンタメニュース』にてユーザーが選ぶ「2016年上半期MVPアーティスト」および「上半期最も印象に残った曲」のランキングが発表になった。 栄えある「2016年上半期MVPアーティスト」に選ばれたのは和楽器バンド。 1月の日本武道館ワンマンから始まり、日米公演の成功、新曲「起死回生」のテレビ東京系リオ五輪中継テーマソングへの抜擢と、破竹の勢いを見せる彼らの活躍が多くのファンの心を掴んだ。 また「上半期最も印象に残った曲」NO1の栄冠には、AAAの最新曲『NEW』が輝いた。 10周年を経た“新しい”彼らの魅力を詰め込んだ楽曲が「今までにない楽曲でサビがエンドレスにたたみかけてくる感じがかなり良かった!」と評判に。この夏を代表するナンバーとなりそうだ。 それぞれの受賞を受け、和楽器バンド・鈴華ゆう子、AAA・宇野実彩子からのコメントが届いているので気になる人はぜひサイトをチェックして欲しい。 このほか『2016年上半期エンタメニュース』では2016年1~6月の流行をPLAYBACKする「上半期振り返りカレンダー」やユーザーの人気を集めた「上半期話題の特集総ざらい」を掲載中。