HKT48メンバー空き巣に制服盗られていた、指原は意外な人物の投票に感激
後藤輝基、HKT48指原莉乃がMCを務めるレギュラー番組「HKT48のおでかけ!」(TBS系)。6月30日放送ではAKB48選抜総選挙スペシャルとして、スタジオゲストにランクインした本村碧唯、冨吉明日香、植木南央が出演。 指原は「ファンの大切さが分かったし、改めてHKT48メンバーが好きだなと思いました」と話す。番組で、後藤は3位発表の時に「H来るなよ」と言っていたと指原に指摘され「俺そこまで染まってんねや」とまさかのHKT48愛が芽生えていることを明かす。 裏話として、植木はランクイン出来なくても席が指原の後ろだったことで、残っていればメディアに映れたと思うとしたたかな計算をしていたという。 冨吉は去年の結果から自分が呼ばれないだろうと思っていたという。本村はこの番組で1期生崖っぷち座談会をした際に、涙ながらにトークをしたことが影響力あったと話す。 また、HKT48のメンバーはみんな指原の一位を願っていたと話を聞くと、指原も感動。 そんな指原、田島芽瑠の順位に関しては心配をしていたようで、総選挙当日に「マネージャーの間でも田島がいない、これから撮影なのに」と捜索願がスタジアム内で出ていたと明かす。 また、指原からの質問で「みんなはHKT48の楽屋に帰る訳で、総選挙後の楽屋ってどういう感じなの?」と聞かれると、植木は「楽屋にいないことがほとんど」と話し、今回一番悔しがっていたメンバーとして皆が下野由貴の名前を上げた。しかも、ホテルも二人部屋なので、ランクインしないメンバーと同部屋となるなど色々な気まずさも話した。指原は「おでかけは圏外メンバー呼ぶべきでしたね」と話す。 植木は、「落ち込んだ時にどう対処する?」とMC二人に質問。最近家に空き巣が入り、自分の中学校の時の制服だけ実家で盗まれ落ち込んでいるという。また、自転車も盗られたり、車のタイヤが全部盗まれたこともあると何かと不幸な植木に後藤も笑いを交えながらアドバイスをした。 また後藤は今回も投票をし、なんと指原に票を入れたと話す。指原は大興奮で喜び、「みんなが頑張るにはお前が一位にならなあかん」と熱い気持ちで投票をしたことを語った。