AKB48はどうなる?つんく♂、ももクロ川上マネが語る魅力
衝撃的な内容でAKB48の裏側を映し出し続けてきた「DOCUMENTARY of AKB48」シリーズ。最新作である「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」が2016年7月8日に公開となる。 監督は「AKB48の表も裏も知り尽くした男」である石原真、シリーズ史上「最も危険」な「DOCUMENTARY of AKB48」が完成したという。5作目となる今回、元NHKプロデューサーとしてAKB48を初期から追い続けている石原氏が監督ということで、ファンの間でも非常に期待されている作品と言われている。今作のために撮り下ろした映像に加え、石原氏だけが撮影でき、自粛してきた「出せなかった裏の現場映像」まで解禁されているという。 石原氏が追うのは、本当のAKB48の姿。現在は、女性アイドルグループとして国内…いや、世界的に見てもその膨大なメンバー数と共に誰も追いつけない人気を誇る彼女たち。この10年でアイドルブームを作り上げて来たAKB48はいま試練の時を迎えている。 11年目のいま、初代総監督・高橋みなみの卒業という大きな転換期を迎え、初期メンバーも殆どいなくなった。総選挙で圧倒的な得票で2連覇したのはHKT48所属の指原莉乃。総監督を引き継いだ横山由依の負担は非常に大きいだろう。特に印象的だったのは、高橋みなみの卒業コンサートの舞台裏で「レジェンドメンバー」が涙ながらに高橋を祝福し、大島優子が「私達のAKBが終わった」と話す場面だろう。まさに、「第一章」が終わり、次のAKB48を作っていかなければいけないことを印象づける場面だった。 今回の、「存在する理由」で映し出しているのは、好調に見えるAKB48において、それぞれのメンバーが抱える悩みや、言われ続けている世代交代が本当に進むのか?という主力メンバーたちの不安や焦り、そして当事者である若手メンバーたちの本音だ。 映画自体は、新潟で行われたAKB48選抜総選挙をベースとしている。総選挙を通して世代交代を描きながら、これからのAKB48を作っていく「ニュータイプ」たちにスポットを当てていく。 また注目すべきは、AKB48より遥か長い歴史を持つハロー!プロジェクトを創りだした男つんく♂、そして、AKB48と同じくドームクラスでのライブを成功させられる数少ないアイドルグループ、ももいろクローバーZを創りだした川上アキラがAKB48についてインタビューに答えている驚きの演出だろう。二人が語るAKB48の魅力、そして気になるところまでしっかりと真摯に答えているのが印象的だ。また、数々のAKB48スキャンダルを掲載してきた週刊文春にも逆に突撃取材するなど驚きの場面も。 今回の「DOCUMENTARY of AKB48」では、過去の作品のようにセンセーショナルな舞台裏を淡々と映し出す演出とは違い、少女たちが悩み、未来へと向かいもがき続けている姿を様々な角度から切り出している。事業を成功させたOG、海外で大成功したメンバーを取り上げることで、自分で変わろうと思わなければ、AKB48のメンバーでいても大きなチャンスは絶対に訪れないということを描いている。国民的アイドルグループとして大成功しているAKB48しか知らないニュータイプのメンバーたちが、しっかりと第二章を自分たちの手で作っていけるのか? これからのAKB48を楽しむ上で、外せない作品となりそうだ。 「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」 7月8日(金)より、全国ロードショー 企画:秋元康 監督:石原真 出演:AKB48 配給:東宝映像事業部 (C)2016「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会