モーニング娘。’16、つばきファクトリー舞台 連日満員で千秋楽
6月11日、京都劇場で開幕した、モーニング娘。’16、つばきファクトリー出演舞台、演劇女子部「続・11人いる~東の地平・西の永遠」が、6月26日(日)に、東京・池袋サンシャイン劇場にて、連日満員御礼で千秋楽を迎えた。 今回の舞台は、萩尾望都原作ということで、公演発表とともに、話題を呼んでいたが、昨年の「トライアングル」以来のモーニング娘。’16メンバーが出演ということで、開幕を待ち望むファンも多かった。 今回は、EAST編、WEST編と分けてのダブルキャスト。ダブルキャストと言っても、EAST編、WEST編、ともに、通常と違い、モーニング娘。’16のメンバーは休演があるわけではなく、それぞれが、皆別の役を演じて毎日の公演に出演。倍のセリフを覚えるだけでなく、劇中で歌われる歌や舞台上での動きも、同じく覚えなくてはならないというハードな設定。それだけでなく、今回の舞台ではイリュージョンもこなすという、難題を課せられていた。 彼女たちの過酷な挑戦の成果を目に焼き付けようと、チケットは、発売開始とともにほぼ完売。希少な当日券を求める観客も連日後を絶たなかった。そんな中、目を見張る成長を見せていたのが、10期メンバーの佐藤優樹。「歌に芝居に、今まで見たことがない彼女を見た!」、「まさか彼女のシーンで感動の涙をこぼすとは…!」と、ファンからも、既に、「再演してほしい!」、「次の公演はいつ…?」と、彼女への期待が高まっていった。 プロデュースを担当した、丹羽多聞アンドリウは「演劇女子部というアイドルの女の子だけの演劇に変えて、去年からは全ての公演が完売しています。今回も京都、東京が完売したことでブランド化が成功したと実感しております。今回はWキャストという事で客演を除く全員がふたつの難しい役に挑戦するという、彼女達としてははじめての試練を見事にクリアし、役とともに一回り成長できたようです」と語った。