アルスマグナ×小林幸子 話題の新曲をニコ生で初パフォーマンス
小林幸子が2.5次元キャラ“九瓏幸子”(クロウサチコ)として参加した、2.5次元界の超人気グループ アルスマグナのNEWシングル『サンバDEわっしょい!feat. 九瓏幸子』のMusic Videoは先日公開され、メガ幸子からテラ幸子へさらなる進化を遂げたと話題となっているが、ニコニコ生放送では、アルスマグナの特番を放送。「ラスボス”幸子”ついに登場!!アルスマグナ DE わっしょい!」がオンエアされた。 ミラーボールきらめくシーンからボカロ曲『+♂』からノリノリのスタート。ユーザーからは「きたああああ!」「かっこいいいい!」の弾幕で埋め尽くされた。その後はMCに古坂大魔王を迎え、楽しいトークを繰り広げ、『ひみつをちょーだい』も披露したところで、新曲の話題に。 7月13日(水)リリースとなるNEWシングルは、1997年ドイツのバンドグループBeliniの『サンバ・デ・ジャネイロ』を基に、九龍幸子こと小林幸子とコラボレーションした『サンバDEわっしょい!』。初めてのサンバ楽曲ということで、夏に向かい、またリオデジャネイロ五輪でさらに盛り上がる“お祭りソング”だ。 神生アキラは「国は違えど、”祭り”といえばやることは共通じゃないですか。なので“サンバ感”を出すと言うよりは、“お祭りなんでカラダ動かそうぜ”というテーマがひとつあると思うんで、ここで騒がないでどこで騒ぐんだみたいなね」と話した。 そのPVをメンバーと共に観終えたMC古坂が、「途轍もない人が映ってましたが?」と質問すると、「古坂さーん、お久しぶりー」と九龍幸子本人が静々とステージに現れる。するとユーザーは「うおおおおおお!」「きたああああああ!!」と大騒ぎ。古坂は思わず「ボスー!」と呼ぶが、「いいえ、私は九龍幸子です」と挨拶。今回は、メンバー九龍ケントの“大おばあさま”。ブラジルに住み、日本の間を行き来し、私立九瓏ノ主(クロノス)学園の二代目学園長と言う設定。 幸子大おばあさまは「また新しい形で挑戦させていただいて、彼らのキレキレのダンスに刺激を受けております。この子たちカワイイし、カッコイイし、本当に楽しかったです」とアルスとの共演を喜んだ。古坂からの「衣装も神々しくてお綺麗で」と褒め言葉に気をよくした幸子大おばあさまは「このブルーの髪も似合うでしょ?あ、これ地毛だった」と思わず設定を忘れて慌てる場面も。「僕らも世界を守ってるんだから、自分で壊すのやめてください」と古坂にツッコまれていた。 ここで、アルスマグナと九龍幸子が生で初めて『サンバDEわっしょい!』をパフォーマンス。ユーザーからも「かっこ良すぎて涙出てきた」「覚えて踊ります!」、また早くも「紅白ねらえるじぇえええ!」という書き込みもみられ大興奮のスペシャルライブだった。 最後に神生が目標を聞かれ「いろいろあるんですが、大おばあさま(小林)のお力を借りてMステ出たいですね」と言うと、幸子大おばあさまは「はい、出ましょう」と余裕の表情で出演を約束?していた。 ラスボス”幸子”登場!アルスマグナ DE わっしょい!