乃木坂46白石麻衣「故郷に錦を飾る」の意味理解する
From AQUA新CM記者発表会に乃木坂46から齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、中元日芽香、西野七瀬、堀未央奈、松村沙友理が出席。 白石麻衣は、From AQUAが関係する谷川岳がある群馬県出身。白石は、OL風衣装。齋藤飛鳥は制服、桜井玲香は山ガール、中元日芽香はラクロス、西野七瀬は私服、堀未央奈は浴衣、松村沙友理はスポーツ観戦の衣装で出席。 白石はグリーンバックで撮影をしていたので、綺麗にはまっているのを見て感動しました」と撮影時の裏側を話す。また今回、From AQUAに関するあるある動画を発表しているということで、実際に記者会見で「生あるある」を松村、桜井、堀の三人が披露することに。色々とシバリがあったのだが、見事にやり遂げた三人。しかし、西野から「(松村の)キャップの落とし方はやってしまったなって感じ」と痛烈なダメ出しが。3人はFrom AQUAの歌を披露するなどこの日、大活躍だった。 また、白石は取材陣より「昨年度に続いて故郷に錦を飾りましたね」と問われると「昨年に続いて嬉しいです。去年よりも宣伝できれば嬉しいなと思います。」と話し、去年は報道陣から「故郷に錦を飾る」と問われその意味がわからなかった白石も「少しだけわかるようになりました」とアピールした。