中谷美紀主演で宮部みゆき「模倣犯」が初ドラマ化!映像化は14年ぶり
中谷美紀主演のドラマスペシャル 宮部みゆきサスペンス『模倣犯』が、2016年内にテレビ東京で放送されることがわかった。中谷美紀のテレビ東京のドラマ作品への出演は、今回が初めて。 同ドラマは、テレビ東京が今年、新本社へ移転することを記念した「六本木3丁目移転プロジェクト」のドラマスペシャル第一弾となり、いま注目の若手からベテランまで、豪華なキャストが集結し、これまでに無い規模で制作される大型スケールの特別番組となる。 原作の「模倣犯」は、2001年に刊行され、累計420万部以上を売り上げた大ベストセラーで、“劇場型犯罪”を徹底的に描いた現代ミステリーの金字塔とも言われる宮部みゆきの代表作。作第52回芸術選奨文部科学大臣賞、第55回毎日出版文化賞特別賞、第5回司馬遼太郎賞を受賞した他、「このミステリーがすごい!2002年版」[国内編]第1位、「週刊文春2001ミステリーベスト10」[国内部門]第1位、ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 2001総合ランキング第1位など、読者にも絶大な支持を受けた作品だ。 中居正広主演で2002年に映画化されたが、その後、映像化されたことはなく、今回が14年ぶりの映像化、待望の初テレビドラマ化となる。 今回、ドラマの主演を務めるのは、先日最終回を迎えたTBSの金曜ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』を主演など、コミカルな役柄や舞台での好演が記憶に新しい中谷美紀。 中谷は、事件を追うルポライター、主人公・前畑滋子(まえはたしげこ)を演じます。前畑滋子は連続誘拐殺人事件の第一発見者・塚田真一や、被害者家族の有馬義男と関わり、事件の全貌に迫ります。と同時に、自分にこの事件のルポを書く資格があるのか苦悩する…といった役どころになる。 未曽有の連続誘拐殺人事件をめぐり、被害者家族、加害者家族、警察 、マスコミ、そして犯人等々、多くの視点から重層的に見つめた、いまなおミステリーファンを魅了し続ける名作を、壮大なスケールで、原作のもつ世界観を丁寧に表現していく。 ◆前畑滋子役・中谷美紀 コメント宮部みゆきさんの作品に出演することは今回が初めてで、大変光栄に思っております。 十数年前に読んだ作品で、一度映画化されていますが、意外にもテレビドラマ化がまだだったと…スケールの大きな物語なので、映像化は大変だろうなと思っていました。 そこでこのお話をいただけたことを大変嬉しく思っています。 宮部さんは、人間の美しい部分も醜い部分も見事に表現されるので、読んでいて、連続殺人事件の真相をのぞき見したくなるような自分の嫌な部分を突きつけられる気がします。虐げられた人間の心を徹底的に描いた原作が素晴らしいので、原作の世界観を大切にしつつ、松田監督はじめ、素晴らしいスタッフの皆さん、キャストの皆さんと、より豊かな物語となるように、大切に演じていきたいと思っています。 前畑滋子という役は、事件が起こったときのテレビの視聴者だったり、新聞や雑誌の読者の方々に一番目線が近い存在なのだと思います。滋子自身も、一流のライターではなくて、半ばアルバイト感覚でライターをしているのですが、一念発起して(映画化もされた)『エリン・ブロコビッチ』のように、いち主婦が何かを覆してみるというところが、視聴者の皆さんも共感しやすいキャラクターではないかと…夫と共に婚家の工場に住んでいますし、思いっきり庶民派です。そして、この作品のもっとも愛すべきところは、凄惨な事件が繰り広げられるけれど、その一方で、市井のこつこつと生きている人々の日常をものすごくいとおしく描いているところ。そんな日常の尊さをお伝えできたらいいなと思っています。 壮大なスケールのミステリーであり、人の心に届く温かい物語でもあるので、スリルも味わっていただけると同時に犯罪に巻き込まれた人々のやりきれない思いに胸を打たれるのではないでしょうか。最後には心にじんわりとあたたかく、切ないものがこみあげてくるような作品になるはずです。 ご覧になる視聴者の皆さまに、強く訴えかける極上のエンターテインメントになるのではないかと思います。ぜひご期待くださいませ。 ◆あらすじ 史上最悪の犯罪者によって仕組まれた連続誘拐殺人事件。 ――――比類なき知能犯に挑むルポライター・前畑滋子(中谷美紀)、第一発見者の少年、そして、孫娘を殺された老人。皆がそれぞれに苦しみながら、必死に事件に関わってゆく。そしてそんな事態を楽しみながら、被害者宅やテレビの生放送に向け、不敵な挑発を続ける犯人―――。が、やがて事態は急転直下、交通事故死した男の自宅から、「殺人の記録」が発見される。 男は本当に犯人なのか?―――女性ルポライターが、少年が、老人が、辿り着いた意外な結末とは? ◆チーフプロデューサー・中川順平(テレビ東京・編成局ドラマ制作部)コメント 日本の現代ミステリーの最高峰、宮部みゆきさんの『模倣犯』。本作を、テレビドラマとしてお届けできるのは、まさにプロデューサー冥利に尽きます。前代未聞の連続誘拐殺人事件を巡って、多くの人々が、それぞれの立場で向き合う姿を重層的に描く…そんな原作の巨大な世界観を極力活かすよう、今回はスペシャルドラマとしても大型の枠を持って挑みます。また時代設定も、ネットや携帯、SNSの発達した現代にアレンジします。主演は、テレビ東京初にして、今、人気実力とも乗りに乗っているトップ女優中谷美紀さん。視聴者の目線に近い、事件にとっては第三者であるルポライターとして関わりながら、やがて追い詰められていく主人公を演じて頂きます。恐ろしい犯罪と立ち向かわざるを得なくなった時、人はいかにふるまい、どう、それを乗り越えていくのか。強烈なサスペンスはもちろん、何よりも、ごく普通の人々が持つ、勇気と希望の物語にしたいと考えます。ご期待下さい。 ◆番組概要 タ イ ト ル:六本木3丁目移転プロジェクト ドラマスペシャル宮部みゆきサスペンス「模倣犯」 放送日時 :2016年放送(放送日未定) 放 送 局 :テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ) 出 演 :中谷美紀 ほか 原 作 :宮部みゆき『模倣犯』(新潮文庫刊) 脚 本 :森下直 監 督 :松田秀知