横山由依「何でこんなに不人気なんやろと考える」胸の内を明かす
「情熱大陸」(MBS/TBS系)にAKB48総監督である横山由依が出演をした。 様々な著名人の裏側を見ることのできるドキュメンタリー番組として人気の高いこの番組。横山は、高橋みなみというカリスマから引き継いだ総監督という重責について胸の内を話した。 横山は、自身の総監督というポジションについて様々な意見があると話しながら「高い壁があったほうが燃えるというか、試練がなかったらそれは卒業のタイミングかなと思いますね」と正念場である現状を話す。 番組では、握手会でブースにファンが並んでいないところまで放送。裏側で「人、全然いない、ヤバイ」「何でこんなに不人気なんやろって考える」と本音を話すところまで映している。 また、過去にコンサートのMCなどで、度々言葉に詰まる、曲名を間違えるということがあった横山。今回、総監督という重責の中で、今まで怖いと思わなかったMCが急に「普通のことが言えなくなった」と、そのプレッシャーの大きさを感じていたと涙ながらに語った。 そんな中、もがきながらなんとか後輩たちに思いを伝えようとする横山。現在は、高橋みなみが行っていたように、運営スタッフとメンバーの「中間管理職」的な仕事をしっかりとこなし、情報の受け渡しをしている姿も映した。 そしてVTRは総監督として望んだ総選挙。横山の良き理解者である指原莉乃は、アイドルは可愛くなきゃいけないのに、しっかりしないといけないポジションだから「総監督なのに順位が低いんじゃなくて、総監督だから順位が低くなっちゃう」と説明をする。 新たなスタートを切り始めているAKB48グループ。その中で、もっとも重要なポジションの一つとなる総監督である横山由依。今回の放送を見る限りでは、この巨大なグループをその人間力で、他のメンバーと支え合いながら引っ張っていってくれるだろう。 写真(C)AKS