豪華グラドル達に囲まれる夢空間 吉木りさの谷間にファン殺到
6月26日、東京・としまえんプールにて「ビジュアルクイーン撮影会2016」が開催され、多くのグラビアファンが詰めかけた。 梅雨も小休止し、太陽がギラギラ照りつける絶好のグラビア撮影日和となった当日、まだ夏本番前のとしまえんプールに、人気グラビアアイドル総勢29名が勢揃いした。日本を代表するグラドルは、青山ひかる/犬童美乃梨/大貫彩香/片岡沙耶/神谷えりな/川崎あや/岸明日香/倉持由香/佐藤衣里子/新城玲香/鈴木ふみ奈/橘花凛/寺田安裕香/豊田瀬里奈/菜乃花/橋本梨菜/林美佐/平嶋夏海/星名美津紀/松本さゆき/水沢まい/森田ワカナ/安枝瞳/柳いろは/柳瀬早紀/RaMu/和地つかさ(五十音順)の面々。そしてMCとして今年は吉木りさが登場し、会場は最初から大いに盛り上がった。 撮影は1部、2部、3部に分かれ実施、会場は3つのブースに分かれて行われ、波打ち際や、流れるプールなどのシチュエーションが用意された。ファンたちはプロ顔負けの自慢のカメラを駆使して、時にはグラドル達に好みのポーズや目線を要求するなど、熱い撮影が随所で繰り広げられた。 一方、プールサイド以外のブースでは、2ショットチェキ撮影会やサイン会も同時に行われ、撮影だけでなく、グラドルとの交流もある、ファン垂涎の一大イベントとなった。 プールサイドに何人ものグラドルが並び、それを大勢のファンがカメラを構えるという、グラビアクイーン撮影会ならではの風景。メディアなどの露出の多いグラドルの周りには、黒山の人だかりとなったが、みんな前後の順番を入れ替わりするなど、紳士的な光景も多数みられた。 なかでも圧巻だったのが、最終3部のピリオドのみ撮影会に参加した吉木りさ。彼女は、大胆な水着こそなかったが、トップはビキニ姿のマリンルック風衣装で登場。それまでの普通のワンピース姿とは打って変わってのセクシーな姿にファンは騒然。吉木が笑顔でプールサイドに現れると、何百人単位のファンが一斉に彼女の前に殺到し、報道の囲み取材のような状態に、吉木は目を丸くしながらも丁寧にファンに視線を送り、何度もポージングを変えてファンとの撮影会を楽しんだ。”吉木りさに怒られてみたい”と思ったファンもいただろうが、彼女は終始天使のような優しい笑顔で撮影に応じていた。 本編終了後には、3部通しでの予約者を対象に抽選が行われ、ラッキーな10名は、出場グラドル全員に囲まれて写真を撮ることが出来る、垂涎の”ハーレムショット”の特典も贈られた。人気グラドルが一堂に会し、撮影ができる稀有なイベントとして、来年もよりパワーアップした「ビジュアルクイーン撮影会」に期待したい。