松井玲奈、つかこうへい作品で「もう、松井玲奈以外でやりたくない」大絶賛
つかこうへい七回忌特別公演「新・幕末純情伝」が紀伊國屋ホール含む3会場で上演することが決定、主演を務める沖田総司役の松井玲奈、坂本龍馬役の石田明(NON STYLE)らが記者会見に答えた。 この日、報道関係者向けに舞台稽古が行われ、本番さながらの迫真の演技を魅せた演者達。 記者会見では、本番を迎える心境を松井は「初めて、見て頂ける皆さんの前でやってみて、始まるんだなと実感してます」と話せば、石田は「本番スベらないか不安です」と芸人の顔も魅せた。 演技をするものなら皆憧れるつかこうへいの舞台。今回の演出である岡村俊一は「松井がここまでやるとは!もう、松井玲奈以外でやりたくないくらいです」と大絶賛。松井玲奈の女優としての完成度の高さを証明した。これに対して松井は「恐縮です…今までいろいろな方が演じてきた役なので、人生をかけてやりたいです」と意気込みを話す。 松井と石田のキスシーンについて、石田は「死んでいるから!」と自分がキスシーンの時に設定上死んでいることを話し笑いを取ると「坂本龍馬を愛おしく思ってくれているのが伝わったので、良いシーンだと思います」と説明。松井も「作品に入り込んでいるので恥ずかしくはないです」と女優らしい発言。 また、なぜか報道陣から「相方の井上さんがヤキモチ焼くのでは?」と振られると石田は「彼は4流どころをちょこちょこイッているらしいので」となぜか聞いてもいないのに相方の暴露し大爆笑を誘った。 また、先の総選挙での松井珠理奈の活躍には「わたしもお芝居で上の方に行きたいですね」とコメント。石田が「よしもとも男前ランキングってあったんですけど、これが全然人気なくてね」と絶妙のタイミングで松井をサポートし大爆笑。最後に、岡村氏が「松井玲奈の新・幕末純情伝、本当に大傑作です」と話したとおり、松井玲奈にとっても代表作になるであろう作品となりそうだ。