AKB48「高校野球選抜」山本彩&横山由依Wセンター布陣で熱血応援
1915年(大正4年)に「全国中等学校優勝野球大会」として始まった全国高校野球選手権大会は今年で101年。新たな1世紀のスタートとなる第98回全国高校野球選手権大会を熱く盛り上げる“2016ABC 夏の高校野球応援ソング”が、8月31日発売のAKB48 45thシングル収録曲となる『光と影の日々』に決定した。 レギュラー放送36年目を迎える「熱闘甲子園」(ABC・テレビ朝日系列全国ネット)のテーマソングをはじめ、大会期間中連日朝から夕方まで放送の「ABC高校野球中継」、そして甲子園出場決定までの全国地方大会結果を紹介する「速報!甲子園への道」(ABC・テレビ朝日系列放送)、その他、テレビ、ラジオ高校野球関連番組で使用される。 『光と影の日々』は、「高校球児とAKB48は似ている」と語る秋元康氏が詞を書き下ろした。そして先日「45thシングル選抜総選挙」を終えたばかりのAKB48が、総選挙で選ばれたメンバー構成とは別に「高校野球選抜メンバー」16人をこの楽曲のために結成した。センターは横山由依(AKB48 チームA)と山本彩(NMB48 チームN)のともに関西出身で、高校野球の大ファン2人が務める。 <秋元康氏コメント> 「高校野球が好きだ。甲子園のテレビ中継を観ているだけで、なぜか、涙が出て来る。白球は夢だ。全員が、その夢を必死に追う姿に感動する。AKB48 のコンセプトを説明する時に、何度も高校野球を例に使わせていただいた。『夢は1日にして成らず』。『熱闘甲子園』のテーマソングを AKB48 に歌って欲しいという依頼をいただいた時、まず、”美しい汗”を描こうと思った。夢を掴みたいと思ったら、汗をかくしかないんだ。多くの人が高校野球に魅せられるのは、どこかで忘れてしまった自分の汗だろう。夢を見ているか? 汗をかいているか? 『熱闘甲子園』を通して、”あきらめないことの大切さ”を伝えたい。」 秋元 康 <高校野球選抜メンバー>横山由依(AKB48 チームA)・山本彩(NMB48 チームN)ダブルセンター北原里英(NGT48 チームNIII)/指原莉乃(HKT48 チームH)/渡辺麻友(AKB48 チームB)/柏木由紀(AKB48 チームB・NGT48 チームNIII)/松井珠理奈(SKE48 チームS)/入山杏奈(AKB48 チームA)/北川綾巴(SKE48 チームS)/高柳明音(SKE48 チームKII)/白間美瑠(NMB48 チームM・AKB48 チームA)/矢倉楓子(NMB48 チームM)/宮脇咲良(HKT48 チームKIV・AKB48 チームA)/兒玉遥(HKT48 チームH・AKB48 チームK)/加藤美南(NGT48 チームNIII)/高倉萌香(NGT48 チームNIII)(16名・順不同) (C)AKS