DANCE EARTH PARTY 新作は山本寛斎×banvox×DRUM TAOとの豪華共演!
8月3日にEXILE USA、EXILE TETSUYA、Dream Shizukaの3名で構成しているダンスヴォーカルユニット、 DANCE EARTH PARTYが約半年ぶりとなるシングル「NEO ZIPANG~UTAGE~」をリリースする事が決定した。 今回は過去にEXILE USAが数々の日本の都市で「祭り」を体感し、「日本から世界へ発信できる新しいお祭りを作りたい!」のコンセプトの下、その古来の和楽器ミュージックと最先端のダンスミュージックが見事にミクスチャーされた新しい音楽のジャンルの楽曲が完成。 今回のコラボアーティストは今作はGoogle Android CM楽曲プロデュースでもおなじみの若手No.1プロデューサーbanvoxが楽曲をプロデュース。和楽器には世界 700万人に迫る観客を動員した世界が認める和太鼓エンターテインメントのDRUM TAOが参加。そして、メンバー衣裳プロデュースには日本文化をファッションやスペクタクルなイベント開催を通じ発信し全世界で大活躍している「山本寛斎」が担当! まさに「NEO ZIPANG」=新しい日本の音楽がここに誕生! 長年“ネオジパング”という構想を思い描き、自身の国の楽器やサウンドを取り入れ、世界中の人達が踊りたくなるようなダンスミュージックを作りたいと願ってきたUSAにとって、本作はまさに待ちに待った念願の作品だ。 楽曲についてUSAは、「“ネオジパング”という新しいジャンルを確立したいなという想いで制作を始めました。今まで旅してきた世界各地の踊りやサウンド、日本を旅して出逢ったお祭りの踊りや音色、そんなさまざまな踊りやいろんな音がこの作品にぎゅっと詰まっています。そしてそれらがbanvox君の新しいダンスミュージックと融合し、新しい形で生まれ変わりました。この作品を世の中に届けていくことは、本当にワクワクしますね。日本の伝統的な和楽器と最先端のダンスミュージックが融合した作品をずっとやってみたかったんです。」と思いの丈を語った。 そしてEXILEのパフォーマーとしても長きに亘り、EXILE USAと共にしてきたEXILE TESTSUYAも本作について、 「2013年頃にUSAさんに日本のお祭りに何か所か連れて行っていただいたのですがその時から既にこの「ネオジパング」という構想は、USAさんの頭の中にあり、お話もずっととなりで聞いていました。今こうやって具現化できて本当に何年越しかの夢が叶いました! 今作は最先端なものも取り入れながら日本の古き良きものを取り入れて、試行錯誤した結果がこういうコラボレーションになったので、すごく興奮しています。音はもちろん踊りもすごく新鮮で今までのDANCE EARTH PARTYにはなかったようなテイストがたくさん入るんじゃないかなと思っています。是非、楽しみにしていてほしいです。」 とその熱い想いをコメント。 さらに、ヴォーカルを務めるDream Shizukaは、「日本の昔から愛されている音色に 最新の音が加わることで 温故知新という言葉があるように 改めて伝統的な音の良さや音色の深さを感じ、 同時に現代的なサウンドの良さもすごく感じました。 今回の作品はその2つの魅力があって完成した楽曲だと思います。 そしてそこにDANCE EARTH PARTYとして USAさん、TETSUYAさんのダンスが加わることで 新たなスタイルとして皆さんにお届けできるのはすごく 私としても嬉しいことですし、 この先長く愛される素敵な音楽になるんじゃないかなという予感がしています。」と語る。 通算4作目となるDANCE EARTH PARTYの最新シングル「NEO ZIPANG~UTAGE~」。EXILE USAの長年の想いが詰まった1枚に今から期待が高まるばかりだ。