指原莉乃が率いるHKT48が総選挙、グループコンサートで得た大きな自信
第8回AKB48シングル選抜総選挙が「HARD OFF ECOスタジアム新潟」にて開催。昼の部として、AKB48グループが総出演となる「AKB48グループコンサート」が行われた。ここ最近、指原莉乃のプロデュースも的確にハマり、単独コンサートで高い評価を得ているHKT48。宮脇咲良、兒玉遥という2人のエース・センターがしっかりと総選挙と同じくコンサートで結果を出した。 何よりも「楽しい」を最優先にしたHKT48のコンサート。『12秒』『桜、みんなで食べた』『メロンジュース』と曲調が違いながらも全員で盛り上がれる楽曲を、この日のグループコンサートで用意。 いままではどうしても、「指原莉乃率いるHKT48」というイメージがつきまとっていた。しかし、コンサートではHKT48の単独コンサートと同じく、MC以外では指原が目立つ場面は少なく、宮脇、兒玉を中心として、若手メンバーもしっかりと自分をアピールしていた。 今回、総選挙前のグループコンサートということで曲数も少なかったが、他の先輩グループ、そしてNGT48と共にしのぎを削るシチュエーションでのパフォーマンスで、HKT48メンバーが掴んだものは大きな自信だろう。3万人というとんでもない数の、しかも、HKT48のファンだけではない大勢の観客が、自分たちのパフォーマンスで盛り上がる、ということを改めてこの大会場で実感し、また総選挙の結果も含めHKT48に確実に勢いが付いていることをどのメンバーも感じたはずだ。 今年もツアーやライブ、イベントに引っ張りだことなるであろうHKT48、今回の総選挙で得た自信をもとに、悲願である紅白歌合戦の出場に向け驀進していくだろう。 写真(C)AKS