NMB48が総選挙コンサートで魅せた個性が強いパフォーマンス
第8回AKB48シングル選抜総選挙が始まった。総選挙に先駆け、「HARD OFF ECOスタジアム新潟」では昼の部として、AKB48グループが総出演となる「AKB48グループコンサート」を開催。 このコンサート、総選挙としては初の試みとして、昼コンサートを観覧した全員に選抜総選挙への投票権が一票ずつ渡され投票ができる仕組みとなっていることから、しのぎを削るパフォーマンスを各グループが魅せた。 NMB48は、近年、ダンス選抜と呼ばれた『Must be now』などパフォーマンス路線の楽曲も多い。また、グループの中でも特にバラエティ豊かな楽曲が多く、48グループコンサートでも存在感を出している。 圧倒的な存在感はやはり山本彩。もはや説明不要のダンススキル、歌唱でグイグイとNMB48を引っ張っていく。これだけ個性派集団のNMB48がまとまるのも、カリスマ山本の存在があるからだ。負けじと、白間美瑠や薮下柊など総選挙でも活躍したメンバーが食らいついていく。 そして、総選挙で大躍進をした沖田彩華も劇場で磨いたダンススキルを発揮し、しっかりと存在感を魅せた。この日、NMB48の持ち時間のクライマックスとなったのは『青春のラップタイム』。「1秒でも巻き返そう」と歌う青春ソングが、総選挙におけるNMB48の姿勢を表しているようで感動的な一幕となった。 この日のセットリストとしては『ドリアン少年』『イビサガール』『北川謙二』とド級のアゲアゲソングでコンサートを盛り上げたNMB48。他のAKB48グループファンにもしっかりと存在感を魅せつけたことだろう。 AKB48総選挙特集ページはクリック