1年半ぶりの“安室ナイト”「AMR LIVEGENIC 2016」大盛況!
6月17日に、新宿二丁目にあるAiSOTOPE LOUNGEにて“安室ナイト”「AMR LIVEGENIC 2016」が開催された。 “安室ナイト”は、東京・新宿二丁目では11年前から50回以上も行われている有名クラブイベントで、フロアには“安室の音楽”だけが流れ、ステージでは“安室のダンス“を真似たパフォーマンスが披露されるなど、まさに“安室”づくしで“夜(ナイト)”を楽しむ人気イベントだ。昨日のAiSOTOPE LOUNGEでの開催は約1年半ぶり4回目で、会場には約700人の安室ファンが集結。開場とともに入場制限がかかるほど大盛況で、このイベントの人気ぶりが伺える。 驚いたことに、審査員として、実際に安室ツアーに同行していたダンサーのYUSUKEとRISAに加え、安室の数々のダンスを振り付けたIZUMI氏が登壇。さらに、グランプリには、安室ツアーダンサー4名をバックに、安室の楽曲「Fashionista」をパフォーマンスできるという“安室ナイト”らしい超豪華特典が送られた。後半からは、イベント主催者がパフォーマンスを披露する”AMR LIVEGENIC SHOWCASE”に突入。ダンスはもちろんのこと、安室本人の細かなしぐさまで完璧に再現し、会場を多いに盛り上げた。 そして、その直後、会場にはどよめきが。なんと、安室奈美恵本人がお忍びで来場していたのだ。その姿に気づいた観客からはナミエコールが巻き起こり、この日一番の大歓声が彼女に送られた。まさかの本人登場に主催者のバブリーナさんは、「11年間やってきた甲斐がありました!(安室奈美恵が)走り続ける限り、このイベントはやり続けます!」と喜んだ。 この後も、CD発売が決定されたばかりのリオ五輪放送テーマソングの「Hero」から、20年以上前の大ヒットチューンまで安室奈美恵の音楽がフロアを揺らした。デビューから23年間、歌とダンスでファンを魅了し続けてきた安室奈美恵だらかこそ開催されている本イベントは、この先も安室ファンの集いの場として、より一層盛り上がりをみせるだろう。