指原莉乃が後輩のランクインに涙、NMB48須藤凜々花は卒業考えていた
HARD OFF ECOスタジアム新潟にて開票がスタートした「AKB48 45thシングル 選抜総選挙~僕たちは誰について行けばいい?~」。 ランキング発表は進み、第45位に21,009票を集めたHKT48 Team Hの田中美久がランクイン。熊本県出身の田中は「総選挙にランクインできて、少しは…少しでも地元熊本に恩返しができたらいいなと思います。本当に応援してくださった皆さんありがとうございました」とスピーチ。指原莉乃は、成長した後輩の姿を見て涙を流した。 AKB48総選挙特集ページはクリック また、第44位に21,559票でランクインしたNMB48 Team N須藤凜々花は「ありがとう!やったぜ!本当はここで卒業発表をしようと思ったんですけど」と話すと冗談だと思い、会場からは笑い声も。しかし、話を続ける須藤、「ママが子宮頸がんになっちゃって…えーと、わたし東京から大阪に出てきているんですけど、東京の実家に帰ろうかなと思っていたんですけど、新しい家族を見つけたので、自分の夢をかなえるまでは東京に帰らないと決めたので、一番のファンであるママの笑顔も見たいので、来年は、これからスピーチする先輩方を一人残らずぶち抜き去るくらいの活躍を見せて、わたしの年にしたいと思います」と意外な事実を告白した。 写真(C)NMB48