妄想キャリブレーション 初のレコ発ライブ熱気最高潮に
6月17日(金)、TSUTAYA O-EAST(東京・渋谷)にて、「 1st single発売記念ライブ ~ちちんぷいぷい♪~」が開催され、約1200人のファンの前で、メンバーが作詞に挑戦した新曲『アンバランスアンブレラ』を初披露した。 ライブ冒頭、会場にオープニングSEが流れ出すと、女性を中心に人気を集める<ねむたいカンパニー>がデザインした妄想キャリブレーションの新キャラクター・妄想(モウソウ)の”ソウくん”が、ステージ上にDJとして登場。冒頭からの思わぬサプライズに驚くファンの前に、続いてメンバーが現れると、登場を待ちわびた客席から大歓声で迎えられた。 妄キャリは早速1曲目から、DJ”ソウくん”と一緒に、1st single『ちちんぷいぷい♪』を披露。女の子の恋心をEDMのサウンドに載せて歌う<MOSO EDM>として話題のこの楽曲。EDMならではの歌詞のないドロップパートでは、両手を合わせてかかげる<乙女の妄想エクササイズダンス>を踊ると、客席のファンも一緒になって両手をあわせて盛り上げた。 続けて『何故なら私、妄想少女ですの』を披露。すると誕生日が間近に迫ったメンバー”星野にぁ”のソロ歌唱パートでは、ファンからのサプライズで会場が黄色のサイリウム一色に染まる場面も。その後のMCパートでは「びっくりしたよー!!黄色って綺麗だね!みんな、本当にありがとう!!」と、会場に集まったファンに感謝の言葉を投げかけた。 さらに立て続けに、妄キャリのライブではお馴染みの『YOUをちぇっくします!』や『悲しみキャリブレーション』など合計7曲を歌い踊りきったのち、メンバーの”雨宮伊織”が「次に歌うのは、今日のために作ってきた新曲です。今回の曲は、私たちが作詞家の加藤さんと一緒に、コンセプトや世界観を1からメンバー皆で作りました。作詞にも挑戦させてもらって、今日お披露目できるように沢山ダンスレッスンもして、私たちの気持ちがこもっている楽曲です。ぜひ聞いてください」と紹介すると、新曲『アンバランスアンブレラ』を初披露した。 前作『ちちんぷいぷい♪』同様、DJ’TEKINA//SOMETHINGが作曲した爽やかな<MOSO EDM>サウンドに乗せて、好きな男性と一緒に同じ傘の下にいる女の子の恋心を歌ったこの曲は、妄キャリメンバーの言葉が散りばめられたまさに等身大のラブソング。はじめて聞く新曲にも関わらず、ノリやすいポップな歌詞とサウンドに、フロアの盛り上がりも最高潮を迎えた。 熱気冷めやらぬファンからのアンコールに応え、ステージに再登場したメンバーから、さらにサプライズが。「12月25日に、新木場STUDIO COASTにて、ワンマンライブの開催が決定しました!私たちと一緒に楽しいクリスマスを迎えましょう!」と胡桃沢まひるが発表すると客席からは大歓声がわき上がる。その期待に応える形で、最後にもう一度DJ”ソウくん”と一緒に『ちちんぷいぷい♪』を披露して、妄キャリにとって初めてのレコ発ライブは幕を閉じた。 なお、新曲『アンバランスアンブレラ』のリリース時期等の詳細は未定。一方、12月25日の新木場STUDIO COASTワンマンのファンクラブ先行販売は6月17日22時より早速スタート。ぜひこちらの会場にも足を運び、生の妄キャリのライブを体感しよう。