AKB48グループ取り巻く謎の「アキバ文書」とは何か?
「“返り咲きを狙うあのメンバーに痛恨の初スキャンダル!?”」「“説教以上、かわいがり未満?「じゅりな部屋」は実在した”」などAKB48グループに関するオドロオドロしいタイトルが付けられた動画。 しかも、この動画が公開されているサイトでは、それぞれの動画に対してパスワードロックが掛けられ、閲覧はできない状態になっている。 ファンの間でも、SNSを中心としてこのアキバ文書が何なのかを議論する動きが活発化している。 このアキバ文書、一体何が目的で作られたのか?実際にアキバ文書に関わる関係者に話を聞くと、 「アキバ文書の動画を見るには、握手会の会場や雑誌、テレビ番組など様々な場所に隠されているパスワードを打ち込む必要があります。そのパスワードを打ち込むと、動画を見ることができるのですがそのどれもが、今までに見たこともないような刺激的なAKB48グループメンバーの姿が映し出されています。」 とのこと。 実際に編集部でもパスワードを入手し、動画を見てみると、ドキュメンタリー映像なのか、フェイク映像なのか解らないような動画ばかり。今回、公開が許された写真を見てもらえればわかるだろうが、決して正規のルートで撮影したものには見えない…。そして、総選挙当日、テレビ朝日にて放送される総選挙特番で、最後の謎が出るという情報もあり、まだアキバ文書は続いていくようだ。 総選挙を前にして、一体、この「アキバ文書」は何を意味するのか?気になるところだ。