みんなに愛された「聖母」深川麻衣 乃木坂46を卒業
6月15日(水)と16日(木)の2日間、静岡エコパアリーナにて、「乃木坂46 真夏の全国ツアー2016 ~深川麻衣卒業コンサート~」が開催された。 すでに自身のブログにて発表されている深川麻衣のグループ卒業。ファンはそれを惜しみつつも今回の卒業コンサートに対する期待値は高く、チケットは早々にソールドアウトとなっていた。 プレミアライブとなったコンサートは、各日8,000人合計16,000人を動員。泣いても笑ってもラストとなる16日(木)の公演では深川がセンターを務めた最新シングル『ハルジオンが咲く頃』でスタートからオーディエンスにはち切れんばかりの笑顔を振りまくと、『太陽ノック』『夏のFree&Easy』『ガールズルール』といった初夏を彩るアップナンバーを披露し、乃木坂46が飛躍したターニングポイントとも言える楽曲を次々にパフォーマンスしていく。 ライブ中盤には『僕がいる場所』をはじめ『何もできずにそばにいる』『失いたくないから』『Tender Days』『羽根の記憶』『人間という楽器』といった乃木坂46の隠れた名曲の歴史をメドレーで深川麻衣自身が描写するかのような演出となっており、グループの壮大な世界観をも表現していた。 またスクリーンに映し出される映像も、深川が描いたキャラクター“もちうさ”に本人が声優としてアテレコしていたり”MaiTube”と題して、深川自身の携帯動画ファイルに保存されている他メンバーの秘蔵映像など今夜だけのスペシャルなもの。ファンを大事にする彼女ならではの優しさが詰まった時間が流れた。 アンコールでは深川からメンバーへ、スタッフへ、そしてファンの皆へ感謝の手紙が読まれ、涙をこらえながら一言一言に自らの気持ちを載せて丁寧に伝えようとする姿は、彼女が”乃木坂46”としての役割を全うする姿勢が垣間見え、その後、メンバー全員がステージ上で一言ずつ深川と言葉を交わす。1人1人としっかり抱き合い、彼女はその時間を噛み締めるようでもあった。メンバーを代表して贈られた橋本からの手紙にあった「まいまい(深川)の優しさは強さや信念」という言葉が彼女の全てを表している、といって間違いないだろう。 そしてさらなるサプライズで深川の母からの手紙が読み上げられる。突然の出来事に深川は驚きを隠せない様子で唖然とするも、娘への愛情溢れたメッセージは本人だけでなく会場の感動を誘った。 乃木坂46の1期生としてグループを牽引し、「聖母」と呼ばれ誰からも愛された深川麻衣。自身最後のコンサートで「ツライこともあったけど、楽しい想い出しか浮かんできません。ファンの皆さんと出会えて本当に良かった。ありがとうございました!」と想いを伝えた姿はファンの記憶に残り続けるに違いない。