欅坂46新曲冠ラジオ番組で初解禁 平手友梨奈14歳最後に何を語る?
欅坂46の2ndシングルのタイトルが『世界には愛しかない』に先日決定し、この楽曲が4月からニッポン放送でスタートした自身の冠ラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」にて初オンエアされることが分かった。 デビュー曲『サイレントマジョリティー』がロングヒットとなりこの夏に土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」の主演も決まるなどまさに大ブレイク中の欅坂46。 デビュー曲でセンターを務め、このラジオ番組でもパーソナリティを担当する平手友梨奈は、新曲のOAについて「デビュー曲の『サイレントマジョリティー』とは違い、2ndシングルの『世界には愛しかない』はすごく爽快感のある楽曲になっています。爽やかな曲調ですが、歌詞には切なさがあり、共感して頂ける部分があるのではないかと思いました。曲の始まり方や終わり方も斬新なのでそこも楽しみにしていて欲しいです。また、今週の放送では、普段とは逆で長濱ねるがMCを担当してくれています。そこも楽しんで頂けると嬉しいです!是非聴いて下さい!」とコメントしている。 6月17日(金)の放送は、平手友梨奈が14歳として担当する最後の番組ということで、1人喋りで率直な気持ちも聴くことができそうだ。AM1242・FM93で放送されるニッポン放送「欅坂46こちら有楽町星空放送局」は 6月17日(金)深夜24時20分からOA。