乃木坂46若月佑美、秋元真夏「今は、あんまりカワイイって言われない」親友二人の秘密
乃木坂46若月佑美と秋元真夏は仲がいいと聞いて、意外と思うファンも多いだろう。今回、どうやって二人が仲良しとなったのか、6月15日に発売となった「BRODY」6号目にてインタビューに答えている。 ─秋元さんと若月さんは最近一緒にいる機会が多いですよね。若月さんといえば桜井(玲香)さんとのコンビのイメージが強いので、意外に感じるファンの方たちもいると思うんです。 若月 たしかに桜井と一緒にいるほうが多いと思われがちですけど、実はプライベートで一番長く一緒にいるのは真夏なんです。真夏とは一緒にごはんに行くことがめっちゃ多いんですよ。 秋元 乃木坂46は「メンバーはあくまでメンバーだから、プライベートではあまり会わない」って子も多いんだけど、この2人はむしろプライベートでも会うことが多いんです。 ─そもそもなぜそこまで仲良くなったんですか? 波長が合うとか? 若月 価値観が一緒なんですよ。あと、何かに気づくポイントも一緒。桜井や中田(花奈)と喋るときはお互いが違うポイントに気づくので、その意見の交換をするんですけど、真夏の場合は私と同じポイントに気づくことが多くて、お仕事終わりにその日あったことをよく話してます。 秋元 私、普段自分の中で気づいたことがあっても、今までは誰かに言っても共感してもらえなかったんです。だから基本的に言わないようにしていて、わかってもらえないなら自分の中に収めておけばいいやと思ってたんですけど、若月に言ってみたらすごく共感してくれることが多くて。そこからすごく話したくなるというか、言うことでどんどん楽になるんですよね。 若月 なんでなんだろうね? どういう学生生活を送ってきたか聞いても、結構真逆だし。真夏は生徒会長とかやって前に出ていくタイプだけど、逆に私は家の中に引きこもっちゃうタイプだったので。 ─仮に同じ学校、同じクラスだったとしても仲良くなってたんでしょうか? 秋元 女子校グループ(秋元、桜井、中田、若月)あるじゃん。同じ学校だったらみんな違うグループにいたのかなぁ? 若月 たぶんそうだと思う。私は美術部だったので、外ではっちゃけるよりも屋内で本を読んでるほうが多かったし。 秋元 そういえば、私の仲良かった子が美術部だったよ。その子はすごく絵が上手で、私はその子の絵を見るのが本当に好きで。教科書に落書きとかもしてたんですけど、それも上手でいつも「すごいね」って言ってた記憶があります。 ─じゃあ同じ学校だったら、若月さんが描いてる絵を見てたかもしれないと。 秋元 そうかもしれないですね。 ─乃木坂46のメンバーになったとき、お互いどういう印象でしたか? 若月 オーディションのとき、隣の席で喋ったよね? 秋元 喋った!私、緊張しまくって「たぶん落ちる……」みたいなことをずっと言ってたんですけど、若月が「大丈夫、大丈夫!」と言ってくれて。そのときは年下だとは知らなかったんですけど、第一印象はしっかりしてるなと思ってました。 ─そのあと秋元さんは学業を理由に1年ほどお休みしてましたよね。 若月 そうですね。それで3枚目のシングル(『走れ!Bicyc le 』)の後に「もうすぐ復帰する」って話をスタッフさんから聞いて。正直オーディションの一瞬しか会ってないので、どういう子だったかは全然覚えてなかったんですけど、私は3枚目でやっと選抜入りできたので、「あの子、絶対に人気出る」って不安だったんですよ(笑)。 ─よく覚えてないのに、そこまでの脅威を感じていたと。「真夏伝説」がまたひとつ、新たに誕生しましたね。 秋元 いやいや。でも今は、あんまりカワイイって言われないんですけどね(笑)。 (C)Sony Music Records 続きのインタビューでは二人が深川麻衣卒業の心境など掲載。気になる方は現在発売中のBRODY vol.6をチェック! 特別付録として、 「乃木坂46西野七瀬」「乃木坂46オールスター」の両面、超BIGポスター。セブンネットで購入の方 BRODY[ブロディ]vol.6は、2016年6月15日(水) 全国コンビ二・書店・ネット書店にて定価:680円(税込)で発売。 Amazonで購入