博多大吉の言いなりになった Hカップグラドル鈴木ふみ奈に注目
15日放送された「水曜日のダウンタウンSP」に、ド迫力Hカップで人気のグラビアアイドル鈴木ふみ奈が登場した。鈴木は番組序盤から、フットボールアワー、恵俊彰、木下優樹菜、勝俣州和、そしてダウンタウン松本人志ら、錚々たるメンバーを差し置き、ぐいぐい発言。バカリズムがプレゼンした、高橋名人vs片山右京のミックスカーと対決では、「どうして(PSの)グランツーリスモでやらないんですか?その方が本格的じゃないですか?」と屈託ない発言に「君は今日売れたいの?」とツッコまれたり、バイきんぐが挑戦した企画では、西村瑞樹の自宅がロケ場所だったのだが、部屋の大きなテレビについて「テレビの露出とインチ数って比例しないんだな」と言い、勝俣から「毒が凄いね」と引かれていた。 さらに「覆面ヒーローはマジでやったら正体モロわかりなのか?」の検証で、スタジオに現れた”けっこう仮面”を演じているのは誰?に「坂本冬美さん?」とボケてみたり、庄司智春が「ミキティー!!」と登場すれば、同じように「ミキティー!」と叫び、木下から「頑張っているのは分かるけど、もうちょっと空気ってものを読んだ方が良い」とキレ気味に忠告されたり、最後の「ダウンタウンどちらがファンに優しいか?」の検証では「勝俣さんと恵さんとダウンタウンさんでファン9人」と毒を吐き続けた鈴木。 これで全企画が終了したと思いきや、浜田雅功が「次はこちらの方ですどうぞ!」と博多大吉を招き入れる。ゲスト陣は「あれ、さっきので終わりじゃないの?」と不思議そうな顔。それを横目に大吉は「今日の収録に参加させていただいてうれしかったです」と切り出す。一同さらに不思議そうな表情になると、「参加してしてましたよね?」と鈴木に確認する大吉。「参加してました。面白かったですよね?」と鈴木。ほかのメンバーが状況が呑み込めていないところに企画が発表された。「グラビアアイドルが芸人の言うとおりにコメントすれば面白い説」!「本当にいろいろすみませんでした」と頭を下げる鈴木に、ゲスト陣も松本も開いた口が塞がらない。 今までの番組内の鈴木の発言はすべて大吉からの指示通りに言っていたことが分かると、松本は「いや、痛いヤツ来たなあっと思った」とびっくり。木下も「ごめんねー」と、「ミキティー!」のくだりでイラついたことを詫びた。大吉は「優樹菜さんがカチンと来ているのを見て手数が止まりました」と暴露。木下も「あのあとおとなしくなっちゃったから、大きい事務所だったら謝らなきゃと思ってた」と笑いを取ったが、大吉は「黙ったのは鈴木さんではなく、僕が黙ったからです」と恐縮していた。 本当は毒など吐いたことがない、いつも人懐っこい笑顔でファンにも神対応。それでいてアメリカンサイズと言われるむっちりヒップとHカップで魅了する、グラビア界では指折りの人気を誇る”ふみにゃん”こと鈴木ふみ奈。大吉の言いなりになった”ふみにゃん”を見て、さらにファンになった方も、今回初めて見て”ふみにゃん”の魅力に触れた方も多かったに違いない。