アプガ Zeppツアー開幕 武道館公演へ大きな足がかり
7人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)が、 6月12日(日)北海道・Zepp Sapporoにて、「アップアップガールズ(仮) Zeppツアー “The Seven PARTY LIVE Alien”」のツアー初日をむかえた。 今年3月に、約1年かけて「アップアップガールズ(仮)全国 47都道府県ツアー 2015-2016 ~RUN!アプガ RUN!ダッシュ」を完走し、休む間もなく「アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー 2016 “The Seven LIVE Alien”」を開始。それに続く今回の Zeppツアーは、 11月8日に開催されるアプガ初の日本武道館公演へ向けての大きな足がかりとなる、さらにステップアップした姿を披露するツアーになる。 オープニングは、ドラマチックなサウンドに乗せて、ステージの幕が開くと、まばゆいライティングの中、メンバーの7人が登場。メンバーの顔が描かれた大きなバックドロップを背に、レーザーの鋭い光が交差し、『イチバンガールズ !』からライブが始まった。ツアー初日の緊張感を吹き飛ばす勢いの、躍動感溢れるステージを見せていくアプガ。観客の盛り上がりも、すでにハイボルテージ。 ライブの中でメンバーの森咲樹は、ツアー初日の思いを涙ながらに語っていく。「私は、今回のZeppツアーは、メンバーにもみんなにも誰にも負けない、もう一歩成長したいって目標で挑んでます。ここから見る光景はもちろん素晴らしいけど、満員じゃない現実を見て不安になったし、正直怖くなりました。今日来てくれた人も、”アプガ大丈夫なの?”って不安になった方もいると思います。ごめんなさい。でも私は、アプガファミリーと一緒ならがんばれるなと思ったんです。私たちは不安になりながらも、前向きに突っ走っていこうと思っています。 Zeppツアーも、そして日本武道館も無謀な挑戦だけど、アプガファミリーっていう、素敵な仲間と出会えてることをすごく実感してます。これからも、ここにいるアプガファミリー、そして全国、全世界のファミリーともっともっとたくさんの方と過ごしていきたいです。森咲樹にとっての日本武道館は、リスタートなので、その先の未来も掴んで、森咲樹もアプガも、もっと成長して、その先もたくさんのファミリーと楽しい楽しい思い出いっぱい作っていきたいなと思います」と感情たっぷりに語ると、「そんな思いを込めて、次の曲を届けたい思います」と声にし、『このメロディを君と』をメンバーと観客が一体となって歌っていった。 また、札幌で行われたYOSAKOIソーラン祭りの応援アイドルに 2年連続で就任し、ファンと総勢70名の”TEAMアプガ”を結成して参加。その中で披露した YOSAKOIソーランバージョンの『パーリーピーポーエイリアン」を、このライブでも歌唱。メンバーも観客も鳴子を鳴らし、”TEAMアプガ”の幟が上がる中、仙石みなみと関根梓が会場内を練り歩く。ぶち上げパーティーチューンにさらにお祭り感が加わり、会場全体がYOSAKOIソーランエイリアンとなっての大盛り上がりとなった。 MCで仙石みなみは、「今日は Zeppツアー初日ということで、私たちも緊張の幕開けだったんですけど、みなさんが温かく迎えてくれて、最後は客席に上陸してひとつになれてとてもうれしかったです。YOSAKOIソーラン祭りの応援公式アイドルをやらせてもらって、ライブでもみなさんと鳴子を持って踊ったんですけど、ほんとに札幌でしかできないライブができて、最高の初日幕開けになったと思います。今日見てアプガの”Zeppツアーでやみつきだ!””もっと見たい!”って方はぜひ大阪、名古屋、東京の3公演に来ていただきたいです。あと、なんといっても、 11月 8日の日本武道館は、私たちアプガにとっても、最大の規模で最大の戦いになります。札幌からちょっと遠いんですけど飛行機でビューンと来ていただいて、人生の中で 1回しかない今年の11月 8日を、ぜひアプガの日本武道館を選んでもらえたらうれしいなと思います。命がけで戦いますのでよろしくお願いします。また北海道に戻ってきたときは、パワーアップして Zepp Sapporoを満員にできるように、そして夢の「 JOIN ALIVE」、「RISING SUN」とか、大きなフェスがたくさんあるので、そこにもアプガが出陣できるように、みなさん応援よろしくお願いします!」と、 Zeppツアーと日本武道館公演、この先の北海道のライブに込める思いを語った。そして「 Zeppツアー、そして日本武道館の成功を祈って、最後ひとつになりたいので、円陣やってもいいですか」と口にすると、メンバーと観客が一体となって“アップアップガールズ(仮)!!”と叫んでライブの幕は閉じた。