DOCUMENTARY of AKB48最新作は「出せなかった裏の現場映像」も解禁
アイドル映画の常識をぬり替え続けてきた「DOCUMENTARY of AKB48」シリーズ。その最新作となるシリーズ第5 弾「DOCUMENTARY of AKB48」(仮題)が 7月8日(金)に全国公開される。 公開まで残すところ1ヶ月を切り、6月17日(金)より発売することが決定した。さらに、メンバーの私服生写真(ランダム封入)が数量限定特典として決定。券面に描かれた「AKB48 はなぜ10 年続いたのか?」「AKB48 はあと10 年続くのか?」の問いは何を意味するのか? 5作目となる今回、満を持して監督に抜擢されたのがAKB48 をブレイク前から追い続け、自らのカメラで長年撮影し続けてきた元NHK プロデューサーの石原真。メンバーやスタッフから信頼も厚く、秋元康総合プロデューサーから指原莉乃にHKT48 への移籍を告げられた瞬間や、舞台裏で男泣きする劇場支配人の姿など、石原だけがこっそりとカメラを回すことが許された現場も多く存在してきた。 今作では最新撮り下ろし映像のほか、監督自ら撮り続けて来た“石原カメラ”による秘蔵映像の数々を惜しみなく公開。これまで自粛してきた“出せなかった裏の現場映像”まで解禁。 この10 年間でアイドル界をけん引する存在となり、数々の記録を更新し続けて来たモンスターグループ、AKB48。11 年目を迎えた今、かつてない勝負の時期に直面している。初代総監督・高橋みなみの卒業と横山由依新体制への移行の裏で起きたドラマとは? HKT48 指原莉乃 VS. NMB48 山本彩など姉妹グループの台頭、新グループNGT48 の誕生、そしてライバル乃木坂46 の大躍進に、絶対王者AKB48 はどう戦おうとしているのか? さらに、インドネシアでもっとも有名な日本人タレントの一人として活躍するメンバーや、焼き肉店のオーナー社長として奮闘する者、女性としてそれぞれの生き方を選んだ元アイドルたちの実像にも迫っていく。 「DOCUMENTARY of AKB48」(仮題) 7 月8 日(金)より、全国ロードショー 企画:秋元康 監督:石原真 出演:AKB48 配給:東宝映像事業部 (C)2016「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会