山本彩が「虫歯ポーズ」など可愛すぎるセルフィーに挑戦
NMB48山本彩が登場するスマートフォン専用ムービージェネレート・コンテンツ「乙です、ソーシャルちゃん!presented by アリナミン」2016年6月13日(月)より公開された。 「乙です、ソーシャルちゃん!」は、「ソーシャルあるある」をテーマにした新感覚コミュニケーションツール。リア充投稿や意識高い系の投稿、すっぴん写真(と見せかけたカワイイ自慢)など、日々、みんなを疲れさせ、また、自分自身も疲れているであろうソーシャルちゃん(※ソーシャルメディア上で自分をより良く演出したい人)たちに、さや姉が、名前(ニックネーム)を呼びかけながら容赦なく、時に優しくツッコんでくれるアプリとなっている。 ムービージェネレーターとして5500通り以上の動画がつくれ、呼んでもらえる名前のバリエーションは、日本のメジャーな名前をひと通り網羅した123種類。 「ソーシャルあるある」は、全45種類(2回に分けてリリース)され、組み合わせ次第で全5535パターンのムービーがジェネレート可能となる。 コンテンツ制作前日に握手会を終えたばかりの山本彩。グラフィック撮影のほか、123通りの「名前」の呼びかけに加えて45通りの「ソーシャルあるある」コメントを一度に収録するという相当ハードな収録ながら、笑顔で応えた山本にスタッフ一同癒やされたという。 また、今回放送されるCMコンセプトは「セルフィー」。山本が、休憩中のオフィスで、移動中で、カフェで…と、あらゆるシーンでセルフィーを撮影してゆく。「虫歯ポーズ」「ガオポーズ」など様々な“あるあるセルフィー”に挑戦している。