川口春奈&林遣都で実写化の「にがくてあまい」の主題歌がOKAMOTO'Sに決定
2009年よりWEBコミック誌「EDEN」(マッグガーデン)で無料配信され、先日完結した人気コミック「にがくてあまい」が、川口春奈&林遣都の初共演で実写映画化することが決定し、キービジュアル&特報&主題歌情報が初解禁となった。 原作は、韓国、台湾、香港などでも翻訳されており、“食と愛”をテーマにしたベジタリアン・フードコミックとしての人気を博している。2016年5月にコミックス最終12巻が発売されると、思わぬエンディングに「切ない!!泣ける!!胸を打たれた!!」などのコメントでWEB上でも話題となった。 あらすじは、男に恵まれない女・江田マキ(川口春奈)と、女に興味のない男・片山渚(林遣都)が、ひょんなことから奇妙な同居を始め、相容れない生き方をする男女が、”ありのまま”でぶつかり合いう様子をコミカルに描く、ラブコメディと。”人と違う”ことに生きづらさを抱える世の中で、自らをストレートに表現する登場人物たちの姿が生き生きと描かれている点が、この作品が持つ魅力のひとつともなっており、個性あふれるキャラクターたちの登場でストーリーはめくるめく⽅方向へ展開していく。今回、解禁された映像は、そんなチグハグな男女の出会いや個性的なキャラクターたちさらには川口春奈、林遣都 が新たにみせる大人の色気・・・ たくさんのドキドキがつまった映像に仕上がっている。 また、注目の主題歌は、OKAMOTO’Sは6/1に新曲『BROTHER』をリリースし、史上初となる全国47都道府県でのライブツアーも開催中のOKAMOTO’Sが担当することが判明。未発表曲でタイトルは『Burning Love』。リリース日は未定となっているが、本作のために書き下ろしたというこの楽曲にOKAMOTO’Sのどんなメッセージが込められているのか、期待が高まるばかりだ。 6月11日(土)から全国の劇場で紹介される特報では、男に恵まれない独身女「マキ」役の川口春奈は初々しく、料理好きのゲイの菜食主義者「渚」役林遣都は上半身ヌードを披露するなど、老若男女を虜にする色気を醸し出す映像に仕上がっているので、こちらも併せて期待しておこう。 ■タイトル:『にがくてあまい』 ■公開表記:9月10日(土)より全国ロードショー ■コピーライト:© 2016映画「にがくてあまい」製作委員会 ■監督:草野翔吾 ■出演:川口春奈、林遣都 ほか ■主題歌:OKAMOTO’S「Burning Love」(Ariola Japan) ■配給:エレファントハウス ■公式HP:nigakuteamai.com <あらすじ> ひょんなことから出会った2人が、なぜか一緒に暮らすことに? 仕事に燃えるキャリアウーマンの江田マキは、ある日男子高のイケメン美術教師の片山渚と出会い恋に落ちる。2人はひょんな事から同居することに。 しかし、天真爛漫なマキを、ぞんざいに扱う渚。衝突しながらも、マキは渚に恋している自分に気づくが・・・渚はなんとゲイだった!それでも、大っ嫌いだった渚の作るオーガニック野菜料理に癒されていくマキ。それぞれが抱える問題を解決していくうちに、お互いが“大切な人“に変わっていく・・・。野菜が苦手なオンナと、女が苦手なオトコ。相容れない男女の同居生活を描く、オーガニック・ラブコメディ!