NGT48北原里英は地元開催で神7に入れるのか?
速報発表も行われ、俄然注目度が増している「AKB48 45thシングル 選抜総選挙~僕たちは誰について行けばいい?~」。今年は、6月18日(土)HARD OFF ECOスタジアム新潟にて開催されるAKB48グループ最大のイベントだ。 今年の注目は、なんといってもまだ新設されたばかりのNGT48の地元である新潟での開催だろう。 NGT48メンバーのランクインも期待される所だが、中でも注目はキャプテン北原里英の順位だろう。速報では第50位と出遅れた感のある北原。 昨年度は、NGT48への移籍が決まったばかりで、本人も公式ガイドブックで話しているように「新潟で頑張れ」という票が多少なりとも存在したのか、第11位という最高の結果を残した。そのファンからの「頑張れ」は現実のものとなり、まだ右も左も分からないNGT48メンバーを「AKB48グループ一の性格の良さ」と言われるその優しい心で包み込み、共に新潟で新しい文化を作り続けている。 その北原は、ガイドブックで「神7入り」を宣言している。「中堅」と自分で言ってしまうほどに、選抜や神7にこだわりを見せなかった北原。今回の神7への思いは、自分のことよりもNGT48のことを考えてのことだろう。 NGT48ファンの間では、兼任をする柏木由紀を1位にするという動きも予想されるが、本サイトでは「地元票」が北原に大きく流れるのではないかと考える。また、当日のコンサート来場者へ付与される投票券も大きな鍵となりそうだ。本格的にNGT48のパフォーマンスを見るファンも多いだろう。また、地元の来場者からの票も期待される。昨年度の指原莉乃が、地元九州で最終的にケタ違いの得票で勝利をしたことで開催地での「地元票」の存在が現実味を増した。 勿論、北原が新潟出身でないという指原との違いはありながらも、ここまで闘志を燃やす北原に、ファンも呼応せざるをえないだろう。 北原の神7入りが実現すれば、NGT48の今後を左右する大きな流れを作ることになると思われるだけに、当日の結果が気になるところだ。 写真(C)AKS