今年もAKB48総選挙で名言が生まれるか?「超危険スピーチ」宣言のNMB48須藤に期待
毎年、様々なドラマを生み出すAKB48選抜総選挙。その中で名言も数多く生まれている。 ランクインしたメンバーには、しっかりとスピーチの時間が割り当てられる。殆どが、ファンへの感謝の気持ちをスピーチするのだが、一番有名なスピーチといえば前田敦子が極限の緊張の中で発した「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください」だろう。 また、渡辺麻友が女王に輝いた時には「AKB48グループは私が守ります」と宣言し大喝采を浴びた。また、総選挙のスピーチの場で大胆な行動に出たのはSKE48の高柳明音。壇上で「秋元先生、お忙しいのは本当に承知なんですけど、チームKⅡのみんなとチームKⅡを応援してくださっているファンの皆さんの言葉を代弁して言わせて下さい。、私たちに公演をやらせてください」と秋元康氏へ直談判。この大胆ながらもメンバー、ファンを思っての思い切った行動に会場では号泣するチームKⅡメンバーが続出、感動を呼んだ。 また、高橋みなみは「努力は必ず報われると、私、高橋みなみは、人生をもって証明します」と有名過ぎるセリフ、そして篠田麻里子は「潰すつもりで来てください。私は何時でも待っています。 そんな心強い後輩が出てきたならば、私は笑顔で卒業したいと思っています」と真っ直ぐな眼差しで後輩たちへメッセージを送った。 今年、そんな名言を発しそうなメンバーがNMB48の須藤凛々花だろう。須藤は哲学者を目指し書籍を発売するなどその発言に毎回注目が集まるメンバーだ。ツイッターや記者会見などでもアイドルらしからぬ危険な発言をし、周囲をヒヤヒヤさせている。 そんな須藤、ブログにて 「スピーチで絶対に『景色・素敵な順位・悔しい』という単語を使わない!!ありがちなやつね!!私の用意している超危険スピーチ通称“ヤバスピーチ”(今命名)は日々進化しています(`・ω・´)私の今年の総選挙の目標は、「スピーチをする!」です!!」とすでに臨戦態勢のようだ。 須藤は実際に速報で9136票で第22位とランクインは十分狙える位置にいるだけに、どんな発言を用意しているのか?当日期待が高まる。 写真(C)NMB48