AKB総選挙をNGT48と新潟市が盛り上げる!メンバーが市長を表敬訪問
今月18日に新潟市で開催されるAKB48選抜総選挙。 この開催を来週末に控え、本日・6月6日(月)に、NGT48のメンバー3名(小熊倫実、中村歩加、水澤彩佳)と今村悦朗劇場支配人が、新潟市役所を表敬訪問した。 篠田昭新潟市長と面談後には記者会見を行い、総選挙に向けて新潟市の協力を得て実施される盛り上げ施策も発表された。 AKB48総選挙特集ページはクリック 市役所の正面玄関には、多くの職員の方や市民の皆様が集まり、NGT48の訪問を温かくお出迎え。 記者会見の前に行われた、篠田昭市長と木村勇一副市長との面談では、今村支配人が、平素からのNGT48の活動に対する新潟市のご理解や、総選挙開催に向けたご協力に対するお礼を伝え、その他にも、総選挙当日の天気のことや、新潟市南区のPR大使としても活動する水澤が市長と先日の「白根大凧合戦」のパレードで一緒になった話題など、終始和やに進んだ。 続く、地元メディアを集めての記者会見では、篠田市長から総選挙に向けた、県外から来場する多くのファンへのおもてなし施策や、新潟の魅力を発信する施策が発表となった。この詳細は、新潟市公式観光情報サイト「Welcome to Niigata City」でも本日夕方を目途に公開予定となっている。 これに対し、今村支配人からは「こういった形で、地元で全面協力していただいている総選挙 はこれまでなかったことです。48グループとして大変感謝しています。その分、身が引き締まる思いです。必ず、新潟開催を成功させなければならないと思っています」と、お礼とともにコメント。また、新潟市出身のメンバー3名も、「生まれも育ちも新潟なので、この機会に新潟に恩返し ができれば(小熊倫実)」、「新潟県民・新潟市民のみなさんに、NGT48はもちろんAKB48グループのことを、少しでも知ってほしい(中村歩加)」、「新潟には美味しい食べ物が沢山ありますので、いっぱい食べていいお思い出にして帰っていただきたい(水澤彩佳)」と、それ ぞれ、地元開催の総選挙への思いを語った。 最後には、総選挙新潟開催の成功を誓い合い、篠田市長を中心に5人が手を合わせて締めくくった。 ●今村悦朗(いまむら えつろう・NGT48 劇場支配人) これまでの総選挙と大きく違うのは、新潟市のご協力をこれだけいただけていること。それ から各企業の皆様とのコラボレーションで PR もさせていただいていること。総選挙間近には、新潟駅の周辺などに AKB48 総選挙のポスターやのぼりが並び、ますます雰囲気が盛り上がっていくと思います。 こういった形で、地元で全面協力していただいている総選挙はこれまでなかったことです。48 グループとして大変感謝しています。その分、身が引き締まる思いです。必ず、新潟開催 を成功させなければならないと思っています。 新潟の皆様、よろしくお願い致します。 ●小熊倫実(おぐま つぐみ・NGT48 チーム NIII) 小学生の頃から家族や友達と AKB48 グループを応援していて、総選挙もテレビで見ていたの で、そのステージに立たせていただけるのが本当に嬉しいです。ドキドキしています。生まれも育ちも新潟なので、この機会に新潟に恩返しができればと思っています。よろしくお願 いします。 ●中村歩加(なかむら あゆか・NGT48 研究生)AKB48 総選挙が新潟で開催されるこの機会に、新潟県民・新潟市民のみなさんに、NGT48はもちろん AKB48 グループのことを、少しでも知ってほしいと思います。その為に頑張りま すので、これからも応援よろしくお願いします。 ●水澤彩佳(みずさわ あやか・NGT48 研究生) 大好きなこの新潟の街で、AKB48 選抜総選挙が開催されることを本当に嬉しく思います。沢 山の方が県外から新潟に来てくださると思うので、NGT48 メンバー全員で新潟の魅力をお伝えしたいです。新潟には美味しい食べ物が沢山ありますので、いっぱい食べていいお思い出 にして帰っていただきたいと思います。 (C)AKS